<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

光の剣4 皮膚病の男性の過去生その後

 ギニアの太鼓演奏
【ギニア人の太鼓演奏】

その後の男性の回想です。

古い衣服を着て森の中を歩いている時、正直言って、こんなバカバカしいことはやめようと何度も思いました。こんなバカげたことをしないで、服をバザーに出したほうがずっといいぞという思いが何度も心をよぎりました。引き返そうと、どれほど思ったかわかりません。

でも、この皮膚病には本当に苦しんでいたので、心の抵抗にさからって無理矢理進んで行きました。どんなことをしてでも治りたかったのです。

やがて、小川のほとりの、ちょっと開けた場所にたどりつきました。
夜が近づいていました。私は薪を集めて積みました。

夜になって真っ暗になりましたが、まだやる気になれません。正直に申しますが、そんなことをするのが本当にこわかったのです。だって、その時まで私は正真正銘の〈まともな〉人間だったのですよ。夜中に森の中で着ているものを全部脱いで、それを燃やすなんて!

でも、追いつめられて仕方がなくなり、ついに始めようと決心しました。薪にまず火をつけました。いったん火をつけると、少し気が楽になりました。不安を追い払うために、大きな声で歌を歌い、踊り、叫びました。

私は、取り澄ました顔の後ろに長年にわたって隠してきたあらゆる感情を解き放ちました。それから、服を一枚ずつ脱ぎ、「過去も、病気も、もう終わった!」と叫びながら火にくべてゆきました。

こんなことは絶対おかしい、まるで気が狂ったみたいだ、と思っていました。しかし、その一方で、私は完全な自由を感じていたのです。タブーを燃やしているみたいでした。
小さい頃、衣服は大切にしなければなりませんでした。弟たちにお下がりとして与えるためです。

すっかり裸になると、たき火の火が肌に心地よく感じられ、気持ちよさが心にじわじわしみ込んできました。身体全体がオーガズムを感じているように思われました。

私は今まで家の外、自然の中で裸になったことがなかったのです。恥ずかしいけれど、ものすごく新鮮な感じがしました。まるで生まれ変わったみたいでした。

めちゃくちゃに叫びながら、野蛮人みたいに火の周りを踊り狂いました。そして、頭の中では、会社の同僚がこれを見たらいったいどう思うだろうかと、考えていました。

それから、持ってきた新しい下着と服を身につけました。
その間中、自分に「愛しているよ」と言い続けました。
本当に素晴らしい体験でした。

その後、たき火から少し離れ、星を眺めました。星たちはキラキラと輝き、まるで私を祝福してくれているかのようでした。

もう夜が怖くありませんでした。まるで、夜もまた私を愛してくれているかのように感じられたのです。夜は私の母、そして私を生んだ存在でした。

人生と、私の身体と、火と夜と、そして空と和解したこの日のことは、これから一生のあいだ、決して忘れることができないでしょう。

終わり

自分をこれほどまでに愛する人が病気で有り続けることが可能でしょうか。
3週間後には、彼の皮膚病はすっかり治っていました。

この男性は、病気の原因となる過去生を知るだけでなく、過去の自分と和解し、今の自分を愛し切ることで、完全に病気と縁を切ることができたのですね。
(^−^)

前回紹介したワーク、
鏡を見ながら「君を愛しているよ。君の姿がどんなになろうとも、心から君を愛している」は大変強力なワークです。
自分が好きになれない方、自信のない方はぜひやってみてください。

だんだん自分の顔が好きになれるでしょう。
私も何ヶ月も毎日鏡を見るたびにやっていました。
効果がありましたよ〜

セリフは「○○ちゃん、愛しているよ。好きよ。可愛いね。美しいね。できる、必ずできる・・・・」など、自分を勇気づける言葉なら何でもいいですよ。

つづく

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。^0^v


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2010.02.14 Sunday 00:22 | comments(6) | - | 

光の剣3 皮膚病の男性の過去生

映画「マリー・アントワネト」
【映画「マリー・アントワネット」より】

私が以前出会ったセラピストさんによると、本に出ているようなロマンスや冒険物語のような前世はめったになく、千件にひとつ、数千件にひとつあるかないかだそうです。
たいていは平凡で退屈な人生が多いそうです。

この本には著者が関わった興味深いセラピーの実例が紹介されています。


皮膚病の男性の過去生

ある時、長年にわたってしつこい湿疹に悩まされてきた60代の男性がやってきました。あらゆるクリームを試し、自然療法を次から次へと訪ね歩き、食事療法も試してみましたが、これといった効果があがらなかったということでした。

そして、最後に残された可能性として、彼は潜在意識に参入し、このしつこい皮膚病の原因を探ることに決めたのです。

何度か準備のためのセッションを行いました。というのも、この人は典型的なビジネスマンで、左脳ばかり使って右脳を使ったことがなかったのです。

感情を浄化するためのエクササイズを行い、リラックスする練習をし、ビジュアライゼーションの訓練をする必要がありました。

いよいよ過去生退行を始めると、ある貴族の人生が見えてきました。この貴族はフランスの王宮で生活しており、庶民を軽蔑しきっている高等遊民(スノッブ)でした。

この横柄な貴族は、宴会漬けの豪奢な、しかし上辺だけの生活を続けた果てに、やがて悲惨な最期を迎えました。性病にかかり、身体中の皮膚がただれ、顔は正視することができないほどのひどい状態になってしまったのです。何年ものあいだ自己嫌悪に苦しんだあげく、彼は生きることが嫌になり、ついに自殺しました。

その貴族が自殺しようとしている場面に行って話しかけてみましょう、と言うと、その人はさめざめと泣き始めました。やがて、落ち着くと、心を込めて、顔のただれたその貴族に話しかけました。

「自分を裁いてはいけません。どうか、私の言うことを聞いてください。
私はあなたを愛しています。あなたがどんな顔になろうとも愛しているのです。
さあ、手を貸してください。手をつないで一緒に死を通りぬけ、光の世界に行きましょう。」

梅毒にやられてめちゃくちゃになった顔でその貴族はやすらかに微笑み、一緒に死を超えたやすらぎの世界に入って行きました。

この後のケアとして、私は次のことを提案しました。
それは、これから毎朝、鏡に向かって愛の気持ちを込め、次のように言うことでした。

「君を愛しているよ。君の姿がどんなになろうとも、心から君を愛している」

そして、このケアを2週間実践したら、ある儀式をするように言いました。
それは、誰も来ない森に古い下着と古い服を着て行って、(古い皮膚の象徴)それを森の中ですべて脱ぎ、あらゆる苦しみと悲しみをその服に込めて完全に燃やし尽くすのです。

そして、素裸でその火に当たり、火が新しい皮膚をもたらしてくれると信じるのです。
次に、持って来た新しい下着と衣服を身につけ、その新しい〈皮膚〉とともに新しい生活を始めることを誓います。

彼は目を輝かせて言いました。

「私の理性は、そんなバカなことをするんじゃないと言っていますが、それでも私はきっとそうするでしょう。」

その後、この男性はどうなったのでしょうか?!( ゚ω゚ )!?

次回に続きます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。^0^v


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

 

2010.02.12 Friday 20:13 | comments(0) | - | 

光の剣 2 霊界の医師ロー・ファンのセラピー

 
光の剣・遙かなる過去世への旅―スピリチュアル・セラピーで「からだ」の力を取り戻す

光の剣・遙かなる過去世への旅―スピリチュアル・セラピーで「からだ」の力を取り戻す

Christian Tal Schaller

おすすめ平均
starsとても効果的です
starsまあまあ
starsまゆつば?と思ったけど
starsスピリチュアル・セラピーの世界をのぞく
starsあたたかなきもちになりました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それから、著者はアメリカ、アトランタのパトリシア・ヘイズの直感養成学校でチャネリング、ヒーリング、自動書記、インスピレーションによる描画などの霊的技法を学びました。

さらに、霊界の医師ロー・ファンから「潜在意識にあるブロックを解除してハイアー・セルフと交流できるようになるための、非常に効果的で即効性のあるスピリチュアル・サイコセラピーの技法」を教えてもらいました。

それがこの本で紹介されている過去世セラピーです。

ロー・ファンから伝授されたこのセラピーでは、時間のトンネルに入る前に、心の中にある庭に行きます。そこで、自分のガーディアン・スピリットガイド・スピリットに会うのです。そして、彼らと一緒に、あらゆる生命の源泉である〈光〉へと向かい、その中で一振りの〈光の剣〉をもらうのです。

この剣は霊的な力ならびに癒しの象徴であり、過去のトラウマに立ち向かう力をクライアントに授けてくれます。

クライアントはこの剣をたずさえて過去に立ち戻り、不安、孤立、無知、混乱の中で経験したさまざまな状況に強力な愛の光をもたらします。

ガイド・スピリットたちと〈光の剣〉のおかげでクライアントは、潜在意識を探検する際に私たちを待ち受けている様々な危険を避けることができます。

その危険とは、たとえば、幼年期のあちこちに広がっている泥沼だったり、問題を解決するには何の役にも立たない過去世のどうでもよい経験だったり、突然それに直面したらあまりにもつらすぎてクライアントの精神の平衡が崩れてしまうような強烈な記憶だったりします。

過去を探る旅においては、誕生の瞬間とか、感情に大きな影響を与えた事件とか、精神的なショックを引き起こした出来事とか、死の瞬間とか、そうした重要な時期をたどりさえすればいいのです。

その時に、あなたが農民であったか、貴族であったかということにはあまり意味がありません。問題になるのは、人生を拒否することによって凍り付いてしまった感情や思いなのです。

そうした無意識のブロックがその後の転生であなたを苦しめることになります。
それは、あなたが似たような状況を通じて、そのブロックに光をあて、解除するまで続きます。


リマ:このセラピーでは自分のガーディアン・スピリットやガイド・スピリットと一緒に強力な〈光の剣〉で、速やかに過去のブロックを解除できるようです。

シャラー博士は世界中のあらゆるヒーリングを学び、最後に霊界の医師からこんなすごい技法まで教えてもらったのですね。

私もこんな素晴らしいセラピーを受けてみたいものです。v(o^▽^o)v

つづく

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。^0^v


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2010.02.06 Saturday 13:42 | comments(0) | - | 

光の剣 遙かなる過去世への旅1

受胎告知
【受胎告知】

久しぶりに過去生体験の本を紹介します。

著者クリスチアン・タル・シャラーはフランスの厳格な牧師の家庭に育ち、優秀な成績で医学部に入りました。しかし皮肉なことに大学卒業後、大病にかかり、現代医学が無力だと思い知らされました。

そこで、代替医療に目を向け、ホメオパシー、鍼灸、ツボ療法、さまざまな自然療法、あらゆる種類の食餌療法、その他、目に付く限りの療法を学びました。

やがて、様々な国の伝統医療にも目を向けるようになりました。
たくさんの国々を旅行し、何百年、何千年もの間続いてきた伝統的な医療に出会ったのでした。

そして、ついにシャーマンの世界に接するようになりました。
シャーマンたちは、目に見えない世界、つまり感情や思考の世界、霊の世界、波動の世界まで探求することによって、人間を肉体・感情・精神・霊(スピリット)を含めた総合的な存在として捕らえています。

彼らは非物質的な世界に行き、そこから貴重な情報を持ち帰り、霊界に属する精妙なエネルギーを用いて、日常生活をよりよく管理することができるのです。

その後、著者はモンロー研究所で、高次元のガイド・スピリットと出会い、彼らからメッセージを受け取るようになりました。

そして、スピリチュアル・サイコセラピー(催眠療法)のことを耳にし、幼年期の心の傷(トラウマ)を癒すワークや、過去世の話を知りました。

本より引用(青文字)

私は、あるサイコセラピストを訪ね、長いすに横になり、全身を深くリラックスさせ、時のトンネルを通って内なる旅行を試みました。すると驚いたことに、アフガニスタンの山の中で羊を追っている自分の過去世が出てきたのです。私の閉じたまぶたの裏に、まるで映画のようにそうした映像が浮かんできたのです。

その男性の肌は赤銅色をしており、着ている物はごわごわした毛織物で、彼の妻たち(複数)はブレスレットや、首飾り、銀でできたヘアバンドなどをしていましたが、私にはその男性が自分だということがわかりました。

自分の理性に反し、私はこの羊飼いであったということを確信したのです。あまりにもはっきりとした臨場感があり、あまりにも強い感情が生じたために、それが根も葉もない空想だとはとうてい思われなかったのです。

実際、こうした体験をすると、「信じる」「いや信じない」という果てしのない水掛け論などまったくどうでもよくなります。というのも、この物質的な現実よりも遙かに現実的な経験をすることになるからです。

たとえ物質的な現実が消滅したとしても、非物質的な現実は存在し続ける、ということが実感としてはっきりわかるようになるのです。それは量子的飛躍とでも言うべき意識の変化であり、限界を持つ狭い物質的世界から、その物質的世界を包み込んでいる広大無辺な霊的世界に足を踏み込んだことになるのです。

こうして、著者はどんな治療法も効かず、医者から医者へと、病院から病院へと渡り歩いている人たちに催眠療法を試してみました。

「もしかすると、あなたの病気の原因は深い潜在意識の中にあるかも知れません。あなたを苦しめているその病気の根っこを探るために、一緒にあなたの心の奥深くを旅してみませんか」

そうして潜在意識の奥に潜む、原因となっている過去の場面に到達しました。

それは時に、幼少時の過酷な体験であったり、もっとずっと時間をさかのぼった過去世における経験であったりするのです。特に後者の場合、驚くべき内容が語られることがあります。

自分の耳を信じられないこともしばしばでした。私のデカルト的思考はこなごなに打ち砕かれ、体制順応主義の教授たちにたたき込まれた考え方、両親から押しつけられた宗教的ドグマ、ほとんどの人が堅固な現実そのものだと信じて疑わない社会的な約束事などが、ガラガラ音を立てて崩れ落ちるのでした。

引用終わり

こうして、カチカチの現実主義だった著者はさまざまな代替療法やシャーマン、ヘミシングから催眠療法に出会い、過去生を受け入れ、それをたくさんの人々の治療に役立てるようになったのでした。

つづく

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。^0^v


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2010.02.04 Thursday 13:43 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |