<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

インドの神様が気になります。

インド本
インド神話入門 (とんぼの本)
長谷川 明
新潮社 1987-11
売り上げランキング : 158663
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 最近、インドの神様とご縁があるような気がします。
発端は、去年の9月、フェアリーブルーのイベントで福本いずみさんのチャネリング。

いずみさん:お金のことなら、インドの神様がいいわよ。
ラクシュミとかガネーシャ、なんでも好きな神様をお祀りして、お願いしなさい。
強力よ。(^∇^)

それから、インドのことを調べて、音楽と芸術・文才の女神サラスヴァーティを祀ることにしました。と言っても、ネットの画像を印刷して、貼ってながめていただけですが。

私のヘルパーにカラス天狗がいますが、最近は孫悟空のようなお猿さんがよく出てきます。

去年、友人からインドみやげにインドの神様のカードをもらいました。それをながめていて気がつきました。


あら〜、カラス天狗とガルダ、孫悟空とハヌマン、そっくりだわ〜
もしかしたら、元はインドの神様なのかしら?

カラス天狗
【カラス天狗】

ガルダ
【神様の乗り物、ガルダ】


孫悟空
【孫悟空】


ハヌマン
【ハヌマン】

去年、香取神宮ツアーで千春さんにもらった絵はがきもお猿さんの綱渡りでした。

絵はがき

香取神宮参拝ツアー
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=810

今年の七福神ツアーでも、インドから来た神様がありましたね。

大黒天=シヴァ神
毘沙門天=クベーラ神
弁才天=サラスヴァティ女神

新春七福神ツアー
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=844


そして、もっと昔。
ハーリティという女神様に会って励まされたことがありました。
(日本では鬼子母神と呼ばれています。)

赤い女神は鬼子母神?
http://godo1tukuru.jugem.jp/?day=20070810

鬼子母神ハーリティとの対話
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=15


 気になるので、「インド神話入門」という本を読んでいます。
インドの神様の絵はとてもきれいでステキです。

インドは歴史が古くて、宗教もたくさんあるので、神話もとても複雑です。
神様の関係がややこしくて、すんなり理解できませんが、それもインド神話の魅力なのでしょう。

ますます、インドに行きたくなってきました。

きっと、インドが私を呼んでいるんだわ。
来年はインドに行けるように
お願いしておこうっと。\(^▽^@)ノ

・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . :

 
リーディング、イベントのご案内  ←クリックしてね。

2月18日(土)リトリーバルお茶会(船堀)募集中

次回のモーエン・メソッド、レベル1は3月3、4日(土、日)です。
ただいま募集中

レベル1の練習会を行っています。
2月10日(金)、3月13日(火)東京駅そば
(他のトレーナーさんに習った方もどうぞ♪)
お問い合わせください。

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2012.02.06 Monday 22:11 | comments(0) | - | 

虹の女神イリスとある愛の物語

イリス
【HEAD, Guy ステュクス河の水を汲んで帰る虹の女神イリス 18世紀】

毎日殺伐としたニュースが多くて、ロマンチックな雰囲気から遠ざかってしまいました。たまには大好きなギリシア神話の絵画を紹介します。


眠りの王国
(ケユクスとハルキュオネの愛の物語)

 虹の女神イリスはゼウスの妻ヘラの忠実な部下。飛ぶのが速く、伝令や大切な冥府のスチュクス河の水を汲んできたりしていました。

 ケユクスはテッサリアの王で、平和を守って、この国を治めていました。妻ハルキュオネは風の神アイオロスの娘でした。

あるときからケユクスの王国では、恐ろしい異変が続きました。ケユクス王は、アポロンの神託を伺いに行こうとしました。それには、危険な船旅をしなくてはなりませんでした。

妻ハルキュオネは不吉な予感がして、その出発を止めましたが、ケユクスは出発してしまいました。

案の定、船は難破して、ケユクスは死んでしまいました。しかし、夫の死を知らない妻ハルキュオネは、毎日、夫の無事を祈りつづけ、祈られる女神ヘラはたまらなくなって、虹の神イリスに言いました。

「ヒュプノスの眠りの王国へ行って、ハルキュオネに夫ケユクスの幻影を送って、夫の死を知らせるよう伝えなさい」

イリスとモルフェウス
【HOUASSE イリスとモルフェウス 17世紀】

虹の女神イリスは、眠りの王国がある洞窟へ行きました。そこは沈黙の世界で、岩の底から流れるレテ川(忘れ川)の響きは、あらゆる物を眠りにさそいます。

眠りの神ヒュプノスは、人の心を静め、悩みを慰める神です。レテ川の忘却の水を飲むと、生きていたときのことをすべて忘れてしまいます。恨みも反抗もなく、穏やかに死を受け入れることができるのです。

イリスは、ヒュプノスにヘラからの伝言を伝えました。

ヒュプノスの息子に、夢の神モルフェウスがいました。ヒュプノスは、モルフェウスに、その伝言を実行するよう言いつけました。

モルフェウスは、死んだケユクスに姿を変えてハルキュオネの夢に現れて言いました。

「愛しい妻よ、私はおまえの危惧した通り嵐に遭って死んでしまった。どうか私の死を嘆き、葬儀を執り行っておくれ。このままではつつがなく死の国に赴くことも出来ない」

ハルキュオネは眠りから覚めて、嘆き悲しみながら海へ行ってみると、流れ着いた夫の亡骸がありました。悲しみのあまりハルキュオネは防波堤から身を投げてしまいました。

二人に同情した神々の憐れみによって、死んだケユクスとともにも2人はカワセミに姿を変えられて新たな生を受け、愛に満ちた暮らしをもう一度やり直すことを許されたのでした。

鳥になったハルキュオネが海の浮巣で雛を孵すと、水夫たちは無事な航海ができると伝えられています。

眠りの神ヒュプノスはヒプノの語源
夢の神モルフェウスはモルヒネの語源

・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . : 

 
リーディング、イベントのご案内  ←クリックしてね。

ライフシール・ワークショップ 残席わずかです。
上のご案内から見てくださいね

いつもクリックありがとうございます。^0^v
精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします

2011.09.10 Saturday 10:05 | - | - | 

ギリシア神話の世界

 エーオースとアポローン
【エーオースとアポローン】

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。m(_  _)m


最近、ギリシア神話にはまっています。
多くの画家がギリシア神話を題材に美しい絵画を描いています。

その絵の意味を知りたくて、「名画で楽しむギリシア神話」などという本を読んでいたら、どんどん面白くなってきました。o(^o^)o

また、心理学者ユング「神話は人類の普遍的無意識である」という説を唱えています。

                        
○神話学

ユングは、精神病者にも正常人にも共通な、また時代や文化を異にする人々にも共通な、神話創造を行う心の層があると結論したのである。この心の層を彼は普遍的無意識と名づけた。」(ストー『ユング』河合隼雄訳より)

が無意識の創造物であることは、フロイトと同じだが、ユングの場合、無意識の集合的な層を問題にするから、多くの人が見る典型的な夢のパターンや民族の神話の解釈が問題になる。

神話の機能

1)神秘的な役割
  宇宙や自分がどれほど素晴らしく不思議なものか、神秘の認識に導く

2)宇宙論的な次元
  宇宙が何であるかを教える

3)社会学的な機能
  社会秩序を支え、それに妥当性を与える

4)教育的な機能
  いかなる状況のもとでも人間らしく生きるにはどうすればよいかを教える
(キャンベル『神話の機能』より)

哲学の畑 ユングから
http://www.ne.jp/asahi/village/good/jung.htm


子どもが長老から神話を聞いたとき、登場人物を自分に当てはめてワクワクしながら聞いたと思います。

大昔はTVも本もありませんから、夜いろり端で聞いた古代の物語が子供たちの心に強いインパクトを与えただろうと想像できますね。

神話は、その民族に数千年も語り継がれてきた民族の魂の物語です。
大人になって、人生の危機や転換点にこれらの神話を思い出したことでしょう。

ギリシア神話は今から3,000年以上も前にできて、吟遊詩人たちが口承で伝えた神々と英雄の物語です。

ゼウスの浮気物語、ヴィーナスの誕生、キューピッドの愛の矢、プシュケの恋愛、英雄ヘラクレスの冒険、半人半馬のケンタウロス、トロイの木馬など、面白い話がたくさん!

私的には、女神たちの自由奔放な生き方が特に興味深いです。

今年は、ギリシア神話についても書いてみたいと思います。

よろしくお願いします。\(´∀`)/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。^0^v


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2010.01.01 Friday 23:54 | comments(2) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |