<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「輪廻転生を信じると人生が変わる」3.前世について

モロー夕べの声
【ギュスターブ・モロー 夕べの声】

 山川紘矢さん「アウト・オン・ア・リム」を翻訳した頃から、精霊自動書記できるようになりました。その後ひどい喘息になり、とうとう大蔵省を辞めざるを得ませんでした。

ひどい発作で食事もろくに取れずどんどんやせ細っていくとき、他人の前世がわかるようになりました。訪れた人の前世を見ているときだけ発作が静まるのでした。

山川さんがワシントンにいるとき、セミナーで講師が「過去生など無理に知る必要はありません。この人生だけでも大変なのに、過去生を知ったら人生がもっと大変になってしまいます」と言うのを聞きました。

「過去生なんて過去のこと、今のこの人生が一番大切」というのは本当だと思います。この人生の中でさえ、過去はもう過ぎ去ったことなのです。
過去にとらわれず、未来に期待せず、「今」という時に焦点を合わせて生きればいいのだと思います。
それこそ、「今に生きる力」です


確かにむやみに過去生を知ろうとする必要はないと思います。
ただ、今の人生で思い当たらない思いこみやくせが遠い過去生に原因があることもあります。問題解決のために過去生をあたってみるのも、何かのヒントになるでしょう。


ぼくは、自分がどんな時代にどんな国で、どんな人生を生きていたのかを探ってみるのがいけないことだとは思いません。
時期がきたらチャンスが訪れ、自然にわかることです。

過去生を知ると、時代や国境、人種、階級意識を超えることができます。人生は映画のようなもの。ぼくたちはただ役者として与えられた役割を演じているだけにすぎないのです。古代エジプトやイエスのいた時代の映画を見たりするとき、自分もその時代に生きていたと思えば、より身近なものとして味わえます。

また、自分がヨーロッパ人やアメリカ人、インド人や中国人だったときもあったのだと知っていると、その国に行ったとき、より親しみを感じるでしょう。
人は自分が前世でいた国を無意識に選んで、旅をしている場合が多いのです。


私のリーディングを申し込んで振り込みをしないまま、キャンセルする方がときどきいます。その方はまだ過去生を知る準備ができていないのだと思っています。
また、心の準備ができたとき、過去生を知ることができるのでしょうね。(^_^)


最後に本書からのメッセージを書きます。

あなたが幸せになることが地球を救う

「あなたが幸せになること」、それだけが大切です。

あなたは、この世を救うために生まれてきたのです。

あなたが幸せになり、あなたがなりたい自分になる。それが地球を救う道です。

人を変えようとする必要はありません。
変えられるのは自分だけです。

他人のことを心配する必要はありません。
時期がくれば、変わるからです。

自分を変えることによってのみ、世界が変わります。

今あるすべてのものをゆるすことから始めましょう。

自分の心の声、たましいのささやきを聞きながら、進みましょう。

そして、山川さんは瞑想をしましょうと書いています。

最初は5分間だけ、深呼吸して、目をつぶって静かに座りましょう。
だんだん時間を長くしていきます。
瞑想を続けていくと、いつの間にか心が平和になり、ずっと幸せな自分になっていることに気づくでしょう。

私も忙しくてイライラしているとき、深呼吸して瞑想を数分間すると、心が静まり落ち着きます。年の瀬の忙しいとき、思い出したらやってみてください。
きっとおだやかな新年が迎えられるでしょう。

どうぞ良いお正月をお迎えください。ヽ(愛´∀`愛)ノ

終わり

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2009.12.27 Sunday 20:33 | comments(2) | - | 

「輪廻転生を信じると人生が変わる」2.占いについて

まだメールソフトの具合が悪くてご迷惑をおかけしています。
リーディングのお申し込みのお返事やご入金の確認メールはもうしばらくお待ちくださいね。

星と夜の列車
【ヒューズ 夜と星の列車】

山川紘矢さんの本で、次に共感したのは「誕生日には意味がある?」という文章でした。

ぼくは誕生日には神秘的な意味があると思っています。
だから、占星術、四柱推命、数秘術など、誕生日を使った占いがはるか昔から成り立ってきたのでしょう。

占星術などでは、宇宙の星の位置も、運命に関係があるといわれています。ということは、私たちは、壮大な宇宙の計画の一環として生まれてきたわけです。そう考えると、荘厳な気がします。
私たち一人ひとりがこの世界を作っているのです。私たちはなんとすばらしい存在なのでしょうか。

もちろん、同じ日に生まれたからといって、まったく同じ性格になったり、同じような人生を歩むわけではありません。生まれた場所、時間、DNAなど、いろいろ違っているのですから、性格も人生も当然違ってきます。さらに前世があるとしたら、前世での体験がまったく違うものだったということも影響するでしょう。
誕生日から割り出される運命は、ほんの一部にすぎないのです。(p101−102)


私もはじめの頃は、誕生日で人間の運命が決まるなんて非科学的だわとバカにしていました。しかし、数秘術を学ぶと同じ誕生数の人には似たような傾向があるのです。
もちろん、まったく同じ性格であることはありません。
しかし、誕生数3の人には表現の問題が強く出ていたり、誕生数5では自由に関する問題があることが多いです。

さらに、何回か占星術を受けてみて、いっそう考えが変わりました。
どうして誕生日や生まれた時間、生まれた場所でここまで詳しくわかるの?
とっても不思議でした。

最近の研究で、太陽の黒点やフレアが他の天体(恒星や惑星)の影響を受けていることがわかりました。太陽が影響を受けているのに、それより小さな私たちが影響を受けないはずがありません。


占いで大切なのは、「どこまで当たるか?」ではなく、「占いを通じて自分をよく見る」ということではないでしょうか。

ぼくは今生、何を学びにきたのか?
あなたは何をしに地球にやってきたのか?
今の自分の課題は何か?

占いは、そういうことを知る手がかりになるかもしれないから、面白いのです。
だから、ぼくは占い師の言うことに左右などされません。
これまでどおり、自分がどう進むかは、自分の心の声をよく聞いて自分で決めます。
答えは自分で知っているはずなのです。
すべての答えは、いつも自分の中にあるからです。(p103−104)

占いで、そのものずばりの答えは出ないことが多いです。
それをヒントに考えてみることが大切です。

山川さんが書いているように全面的に信じるのではなく、自分の心の声を聞くためのヒントにするという態度が必要だと思います。

私はこれからどうしたらいいでしょうか?と、何でも占い師に決めてもらいたがる人がいます。それでは始めのうちはうまく行くように見えますが、どんどん依存的になって自分で決められなくなりそうです。
不安でも自分で考えて自分で決めないと、自分の人生を歩むことはできないでしょう。

さらに同じ誕生日の人近い誕生日の人とは、何かしらの縁があることがあるようです。
それも、あとになってみるとわかることが多いようですね。
私もこの頃、自分と同じ誕生日や数日違いの人によく出逢います。
そういうご縁も大切にしたいと思っています。

占いだけではなく、リーディングにも同じことが言えます。
全面的に信じないで、それはあなたの一側面だと考えて、あくまで参考にして欲しいですね。
占いもリーディングも上手に活用すれば、人生をよりよく歩む手助けになると思います。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2009.12.13 Sunday 09:11 | comments(2) | - | 

「輪廻転生を信じると人生が変わる」1.自分を知る

魔笛
【シャガール モーツアルトの魔笛ポスター 】

輪廻転生を信じると人生が変わる
 山川鉱矢著

最近あまりスピリチュアルな本を読んでいませんでしたが、この本を読んでうんうんそうだよね〜そのとおりだわ〜と頷きながら、夢中になって読んでしまいました。

山川鉱矢さん、大蔵省の官僚だった頃に、不思議な導きによってシャーリー・マクレーン「アウト・オン・ア・リム」を翻訳したのを始めとして、奥様の山川亜希子さんと一緒に20年以上も日本にスピリチュアルな本を次々に紹介してくれました。

そして著者に出会ったり、いろいろなセミナーや不思議な体験をたくさんしてこられました。
それらの体験から、導き出された答えがこの本にまとめられています。

私自身も、10年前に病気になってから、いろいろな治療法を求めて気功や気づきのセミナーなどを転々として、山川さんと同じような気持ちになってきました。
まだまだ覚醒にはほど遠いですが。

その中でも、今最も共感できる言葉です。

人生で一番大切なことは、「自分を知ること」です。

今では確信をもってそう言うことができます。
これからの人類や地球を救うためには、一人ひとりが「自分を知る」ことが、どんなに大切なことか、わかっています。

どうして自分を知ることが大切なのでしょうか?

それは、ほとんどの人が自分は何者かを知らず、現実という幻想の中で生きているからです。一人ひとりが切り離された存在であると、勘違いしているのです。この世の悲劇はすべて、「自分を知らない」ということから発しています。

戦争、殺戮、殺人、自殺、核兵器、地球環境の汚染、不平等社会、偏見、憎しみ合い、嘲笑、飢餓、伝染病の蔓延などすべてです。

自分を知り、覚醒する人が増えれば、すべての問題を解く鍵が見つかるのです。
覚醒すること。
それがすべての鍵なのです。

「輪廻転生を信じると人生が変わる」p25−26から引用


私が病気になったのも、本当の自分に気づくための人生のレッスンだったんだなあ〜と、今は思います。病気にならなかったら、今でもパート勤めをしながら、スーパーの安売りで1円でも安い物を買うことに人生をかけていたと思います。
家族が自分の思い通りになってくれるように暗に操作しながら、少しでもいい暮らしをしたいと他人と比べながら生きていたでしょう。

最近は、定期的にスリーインワンのセッションを受けていますが、受けるたびにずっと抱えていたつまらない思いこみが取れて心が楽になります。

ああ、本当の私は今まで思っていた自分とこんなにも違うんだ!
ガマンしていたこと、あきらめていたことを存分にやっていいんだ!
もっと自由にのびのびと生きていいんだ!

そんな気持ちになってきました。

シャーリーも、ケビン・ライヤソンというチャネラーから、精霊の言葉を伝えられました。

「自分を知りなさい。自分を知れば、自由になります。勇気を出して自分を見つめなさい。そうすれば、自由になります」

「前世は誰にでもあります」

「一番大切なことは自分を知ること、あるがままを受け入れることです。あるがままの自分を受け入れなかったら、ほかの何物も受け入れることはできないのです」

「人は人生に起こることすべてに責任があります。いつも自分を大切にする責任があるのです」P59

シャーリーはまだ、前世や精霊の存在を信じていませんでした。
しかし、温泉につかっているときに幽体離脱して宇宙から地球を見たり、UFOを見たり、宇宙人の話を聞いたりするうちに、どんどん本当の自分の姿を知るようになりました。

まだ翻訳する前の山川さん自身も、本に書かれている内容を信じられませんでした。

前世や精霊だなんて、本当にあるのだろうか?
しかし、これは本当だと確信を持てたことは、精霊が言う「自分を知ることが一番大切だ」という言葉でした。
「自分を知れば自由になる」それはその前に受けた気づきのセミナーの体験から本当のことだと思ったのでした。

そして、この本を翻訳して日本の人たちに読んでもらいたいと思いました。
すると、不思議なことが次々に起こって日本で出版できるようになったのです。

つづく


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。



 

2009.12.04 Friday 10:15 | comments(14) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |