<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

許しが世界を救う!

  最近の地震に関して、被害の大小と人々の意識が関連しているのではないかと感じています。

地震とは関係ないのですが、許しについてのニュースを見て思ったことを書いてみます。

先日、イランであったニュースです。

【8月1日 AFP】(写真追加)

イランで、結婚の申し込みを断られた女子大学生の顔に酸を投げつけて失明させたとして有罪判決を受け、両目失明の同害報復刑を執行される直前だった受刑者が31日、被害者からの「許し」を受けて赦免された。国営テレビのウェブサイトが伝えた。

 同ウェブサイトによると、マジド・モバヘディ受刑者には「目には目を」の精神による報復刑「qesas」が言い渡されたが、刑執行直前に、酸をかけられた被害者が許すことを表明したという。

 モバヘディ受刑者は、大学の同級生だった女性に求婚を繰り返したものの拒否されて、この女性の顔に酸をかけた罪で、2009年2月に有罪判決を受け、被害者と同じく両目を失明させる刑罰を言い渡された。だが裁判所は、刑執行直前の5月半ばに、理由の説明なく同受刑者への刑執行の延期を命じていた。

 被害女性は受刑者を許した理由について、イスラム教の聖典コーラン(Koran)にはqesasについて書かれている一方で、qesasよりも許すことの方が大事だとも述べられており、許しが推奨されていたからだとイラン学生通信(ISNA)に語った。

 女性は、「酸を浴びせた人間はqesasで罰せられるべきだと証明するために、有罪判決を勝ち取りたかったそのために7年間闘ってきた。だがきょう、私の権利として、受刑者を許すことにした」と述べ、裁判は「国のために行った。諸外国が私たちの判断に注目していたから」と付け加えた。

 ジャファリ・ドラタバディ検察官は、被害女性の判断を称えた上で「女性は両目を失明したことに対する賠償金を求めている」と述べた。(c)AFP/Farhad Pouladi


 
この女性はしつこい求婚を断ったために、両目を失明させられ、学問の道も絶たれてしまいました。それでも苦しみながら闘い(イスラム教では女性が権利を主張したり、男性に従わないだけで罪)、ついに有罪判決を勝ち取り、自分の権利として犯人を許したのです。

なんてスゴイ人だろう!
このような広い視野で生きてこその人生だと思いました。


 告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

東宝 2011-01-28
売り上げランキング : 1833
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先日、去年話題になった「告白」のDVDを見ました。
こちらは許せない話です。

最愛のわが子を殺された女性教師が、殺した生徒たちを精神的に追い詰め、復讐するコワイコワイお話でした。松たか子さんの感情を抑えた演技がすごい。


復讐を遂げた女性教師と犯人を許したイラン女性、どちらが心の安らぎを得たのでしょうか?二人の一〇年後、二〇年後を思うと、どちらの選択が天にかなった行為だったのでしょうか?

日本では死刑のことがよく話題になっています。被害者の家族が「早く犯人を死刑にして欲しい」とメディアに訴えたりしています。

その気持ちもわかりますが、報復で殺人が無くなるでしょうか?
犯人が死ねば、家族の心が癒されるでしょうか?
家族の霊的成長に犯人の死が必要でしょうか?
殺された人は犯人が死刑にされることを望んでいるでしょうか?

とりとめもなく、いろいろ考えてしまいます。
結論は出ないかもしれませんが、もっと深く考えてみたいものです。

参考:
死刑 ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91

2009年死刑執行数順位

1位 中華人民共和国 未発表 推定2,000回以上
2位 イラン     少なくても388回
3位 イラク          少なくても120回
4位 サウジアラビア 少なくても69回
5位 アメリカ合衆国 52回
6位  イエメン    少なくとも30回
7位  スーダン    少なくとも9回
8位  ベトナム    少なくとも9回
9位  シリア     少なくとも8回
10位  日本      7回

EU諸国は死刑を廃止しました。
先進国で死刑が行われているのは、アメリカと日本だけです。

+++

・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . : 

 
リーディング、お茶会のご案内  ←クリックしてね。
 
ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。
2011.08.04 Thursday 14:56 | - | - | 

越智啓子「ソウルメイトの不思議」

 ソウルメイトの不思議―人生は誰でもかならず「魂の友」にめぐり会えるしくみになっている!

ソウルメイトの不思議―
人生は誰でもかならず「魂の友」に
めぐり会えるしくみになっている!

主婦の友社 2005-08-01
売り上げランキング : 69096

おすすめ平均 star
star不思議な関係
star直感を信じて・・・
starなぁんだ、そういうことなのか♪
Amazonで詳しく見る by G-Tools
越智啓子先生の「ソウルメイトの不思議」を読んでいたら、許すことについての文章を見つけました。


人生の舞台の配役は、自分で選んでいるのですね!
しかも、いじめる役とか、悪役スターは、本当に霊界で仲良しのソウルメイトにしか頼めないようですね。だって、あまりいい役ではないから、特別仲良しのソウルメイトにしかお願いできないのです。

友だちが「許す愛」を体験するために、わざわざ「とってもひどいことをして、悪い人」になるのです。
まさに、悪役スターを演じるということになります。
・・・・
二人の人生が終わって、あの世に帰ってからの会話をちょっと想像してみました。

「今回の人生はびっくりだったね。君があんなにひどいことをするなんて、本当におどろいたよ。僕は心が傷ついて、落ち込んで、何も手につかなかった・・・」

「そうよ、あなたが許すことを体験するために、振動を遅くして重くなって、本当の自分とはまったく違うふりを一生懸命にしてみたわ。どうだった?」

「すごかったよ。本当に怖いくらいだったよ。すっかり裏切られた気分だったよ。でも、そんな君を許したよ。僕は許せたことがうれしい!」

「私も、あなたが許してくれて、とてもうれしかったわ!許すという体験がうまくできたわね!」

「ありがとう!君に頼んで本当に良かったよ。この役は誰にでも頼めないからね。今度は僕がいじめ役をしてあげようかな?」

「そうね。次は逆の立場を体験してみましょう!」


人生のしくみには、深い意味があります。表面的にとらえているだけでは、深い人生の意味を理解することは難しいです。
だんだんと人間関係の学びが進んでくると、さまざまな情報が自然に入ってきて、意味が理解できるようになります。愛を学ぶ、あるいは思い出すのにぴったりの場所が地球なのです。
地球で最後の愛のレッスンが、「許すこと」なのです。

・・・
自分は被害者だと思っていたのに、加害者に頼んでいたとわかると、本当にがっくりですね。でも逆にそれがわかると、許すことができます。そして、憎い敵と思っていた相手が、心からいとおしくなってきます。とても不思議な感覚ですね。
やはり、意識を変えることが、問題解決の近道ですね。


さすが啓子先生です。
実にわかりやすい文章です。

啓子先生の書いたように、私たちは生まれる前の中間世で、ソウルメイトたちとどんな人生にするか相談しながら人生のシナリオを書いています。
そして、ひどい悪役を特に仲の良いソウルメイトに頼むのです。

前に書いた「グレースを探せ」のアイビーとジョンも、本当は仲良しのソウルメイトなのでしょう。この二人は何を学ぶために何回も悲惨な体験をしたのでしょうか。

あなたの周りにも、いやな人だけどなぜか離れられない相手がいませんか。
その人はあなたのソウルメイトかもしれません。
あなたが人間関係、特に愛について学ぶことを手伝ってくれているのかもしれません。
そう考えると、今までいやだいやだと思っていたことが、違って見えてくるかもしれませんね。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2009.08.04 Tuesday 20:22 | comments(8) | - | 

「やすらぎ療法」パート2

フレデリック・レイトン まどろみ
【フレデリック・レイトン まどろみ】

「やすらぎ療法」パート1 (07/17) の続きです。
(私なりの理解の仕方でまとめてあります。
原文のままではありません。ご了解願います。)

ジャンポルスキー博士によると、我々の人生の目的は心のやすらぎを得ることです。
そのための人間関係の目的は「一体になること」
つまり、自分を愛すると同時に他者と互いに愛し合うことなのです。

しかし、世間の思考システムであるエゴの目的は「分離する」ことです。
対立、不調和、恐怖、不信、差別などです。

どんな人に出会っても、「この人は新しい先生なのだ。許すことの意味を学ぶための手助けをしてくれる人なのだ」と考えましょう。
エゴの考え方をやめて、愛の考え方ができるようになるには、心のトレーニングが必要です。

まず、エゴのブロックにはどのような考えがあるか知り、自分の自覚していないブロックをはっきりさせます。そして、愛の人間関係を築くための7つのステップを学びます。

たとえばこうです。

愛の幻想

愛の幻想は二人の欲望が満たされているかぎり続きますが、どちらかの欲求が満たされないと、欲求不満になり怒りへと変わります。

それを条件つきの愛(エゴ)と呼びます。
もしもあなたが私の欲しいものをくれれば、あなたを愛してあげる
という思いです。

親子関係では
もしも学校の成績が良ければ、愛してあげよう。
でも、悪い点を取ったら、愛情を引っ込めるからね。

体罰を与える親は
つらいのはお前よりお父さんなんだよ。
愛しているからこそ、お前のためを思ってぶつのだよ。

妻から夫に
もっと家族と一緒にいてくれたら、愛してあげるわ。


エゴには無条件の愛は理解できません。
エゴの愛はいつも、条件つきの愛なのです。
愛を与えるよりも、愛をもらいたいのです。
エゴは「人間はいつもひどい愛情不足に苦しんでいる」と信じています。

無条件の愛とは、相手がどんなイヤなことをしても、我慢したり大目にみることではありません。
相手の身体や行動を超えて、その奥にある部分に目を向けること、その人の霊的な本質としての愛の本質を見ようとすることです。
あるがままに受け入れることなのです。

このようなエゴの考え方が事例とともにたくさんあげてあります。
読みながら、自分に当てはまるものを見つけて、気をつけるようにしたいものです。

もちろん、許すことについての章もあります。
これはまた、別に書きたいと思います。

そして、最後の章では、
怖れを愛に変えるための毎日のレッスン
が15項目あります。

良い本ですが、現在は絶版になっています。
アマゾンの中古では1円から購入できます。

エゴの抵抗なのか、なかなか理解できなくて、この本を読んでいると頭が痛くなりました。(;^_^ A
ジャンポルスキー博士の他の本も読んでみたいです。
もっとわかりやすい本があるかもしれません。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2009.07.23 Thursday 19:57 | comments(0) | - | 

『ア・コース・イン・ミラクルズ』

A Course in Miracles: Combined Volume  
A Course in Miracles: Combined Volume
Foundation For Inner Peace

おすすめ平均
stars心にしみます
stars考え方を変えてみれば
stars3行の要約がすべてを物語る
stars自分の心との対話が始まります。
stars無題
Amazonで詳しく見る by G-Tools


先日紹介した「ゆるすということ」「やすらぎ療法」の著者ジェラルド・ジャンポルスキーの対人姿勢の癒しは、『ア・コース・イン・ミラクルズ』という教えをもとにしています。

欧米では、ドリーン・バーチューさん溝口あゆかさんなどたくさんの人がこの教えを学んでいます。

まだ邦訳本が出ていませんが、どんな教えなのでしょうか。
日本では「奇跡の学習コース」という名前で知られています。

      ******

1965年10月、ニューヨーク、コロンビア大学医学部教授、心理学者のヘレン・シャックマン博士、『私は、イエスキリストである。これは、ア・コース・イン・ミラクルズである。メモをとりなさい。』 とキリストからのメッセージを受け取りました。

無神論者であるヘレンは、この異常な現象に自分は気が狂ったに違いないと思って、医学部責任者のビル・テットフォード博士に相談しました。。

ビルはとにかくどういう言葉なのか、それを書き留めてみたら良いではないかと提案し、ヘレンは半信半疑ながらも自分の耳に聞こえる声を書き始めました。

ビルはヘレンが手で書いたものをタイプするという仕事を自らかって出て、
こうして二人のチームワークができあがり、様々な紆余曲折を経ながらも、
7年間にわたってヘレンはこのメッセージをチャネリングして、できあがったのが『ア・コース・イン・ミラクルズです。

コースは、
 ・[テキスト]
 ・[生徒のためのワークブック] (365日のレッスンから成り立っています)
 ・[ティーチャーズ・マニュアル] (質疑応答形式で成り立っています)
以上の3部から構成されていました。

ヘレン・シャックマン博士はキリストからのメッセージを、文法も言葉もうまく聞き取れず、とても困難な自動書記であったようでうす。

ある日、彼女はキリストに 「あなたからのメッセージはメチャクチャでよく聞き取れません。」 と質問しました。すると、キリストはこう言ったのです。

 『私は、何も間違っていません。私は いつも完璧なメッセージを送っています。聞き取れないのは、あなた自身が勝手に“私の言っている意味が分からない”とプロジェクションしているのです。あなたの方に問題があるのですよ。』と。

しかし、キリストは私たちのこのような部分も分かっていらっしゃるので、分厚いコースのメッセージを送ったあとに、
 <ヒーラー、サイコセラピー、コースを学ぶ人たちのための、既にもう色々と誤解と勝手な解釈をしている人のための基本を正す小冊子> を出しています。

翻訳が進められており、2009年に出版されるとのことですが、 翻訳する難しさだけではなく、コースそのものが難しいので、日本語訳での出版が延期されている状況です。

      ******

 
この本の冒頭の言葉です。

 これは、奇跡についてのコースである。これは必修のコースであり、あなたに任されているのはいつそれを学ぶかだけである。自由意志とは、あなたがカリキュラムを設定できるという意味ではなく、ある時に何を学ぶかを選択できるという意味である。

このコースは「愛」の意味を教えようとするものではない。「愛」の意味を教えることは不可能である。このコースの目的は、「愛」が存在することについての自覚を妨げている障壁を取り去ることにある。「愛」はあなたの生得の権利として存在する。「愛」の反対語は恐れであるが、全てを包含するものに反対語はない。

 したがって、このコースは次のように端的に要約することができる。

 実在するものは、存在を脅かされることはない。
    非実在なるものは存在しない。


詳しくはこちら

読書の周辺
『ア・コース・イン・ミラクルズ』が喚起するもの
大内 博


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。
 

2009.07.21 Tuesday 21:33 | comments(2) | - | 

「やすらぎ療法」パート1

マザー・テレサ
【マザー・テレサ】

許すということについて書いたあと、ゆるし関係の本をいろいろ読んでいます。
しかし、なかなか頭に入らなくて読むのに時間がかかります。
これって、私の心がゆるしを拒否しているのかもしれません。

今まではスピリチュアルというと、能力を重視してきました。
つまりスピリチュアル世界では透視能力チャネリング能力、エネルギーワークのような特殊能力が尊重されると思っていたのです。

能力が一番で、心は2番でした。
最近思うのは、特別な霊能力がなくてもスピリチュアルな人はたくさんいるんだなあ〜ということ。

スピリチュアルな人=愛のある人
心の広い人
思いやりのある人
裏表のない人・・・・


そこで、スピリチュアル心理学(霊的な考えを基本とする心理学)の本を読んで、読者のみなさんとシェアしていきたいと思います。
頭に入れるには、読んだだけでなく、内容をまとめて書くことが大事です。
私のメモの意味もあります。
みなさんの参考になればうれしいです。 (^ - ^) 

今日は「ゆるすということ」のジェラルド・ジャンポルスキー「やすらぎ療法」パート1をまとめてみます。
(本文通りの言葉ではありません。私流にまとめています。)

やすらぎ療法(セラピー)―愛はすべてを癒す (元気のでる心理学)
やすらぎ療法(セラピー)
 愛はすべてを癒す

ジェラルド・ジャンポルスキー 石井 朝子

春秋社 1991-08
売り上げランキング : 224971

おすすめ平均 star
star考えさせられました
star何てあたたかな視線。
star世界ともういちど出会うために
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


○マザー・テレサの言葉

「現代世界の最も重大な病気は精神的な飢餓です」

精神的(霊的)飢餓とは、
「自分は愛される資格がない」
「人から愛されない」
「愛を与えたり、愛を受け取る心のゆとりがない」
「私を自分自身、他者、神から隔てる壁がある」
と感じることです。

霊的飢餓は、
心の中に空しさ(空虚感)があり、
精神的存在としての本来の自分から分離している心の状態なのです。

「自分とは何だろうか」
「地球上での真の目的は何だろうか」
それはエゴの見方から愛の見方に変わるとわかるのです。


○対人姿勢による癒し
(Atitudinal Healing)

私たちをイライラさせるのは、他人でもまわりの状況でもありません。
悩みの原因になった人や状況についての自分自身の考え方や姿勢なのです。
その間違ったものの考え方を直せば、心のやすらぎを得ることができるようになります。

世界を見るには二つの方法があります。
一つはエゴの目を通した見方、もう一つは愛の目を通した見方です。
ここでいうエゴは心理学のエゴ(自我)とは違います。

エゴは「自分は身体と個体的人格だけで、いずれは死んでゆくもの」と考えています。
エゴのメッセージは
「人間はだれでも孤独だ。不毛の世界で見捨てられている。
いくら求めても願いが叶うことはない」
という恐怖から来ています。

そして、肉体、セックス、苦痛、ギャンブル、失敗、罪、金銭、魅力的な物質などで私たちの気を引こうとします。

これらの物を手に入れれば、幸せになれる。
そのために、怒りや攻撃は当然だ。
攻撃と防衛こそ自分や家族を守るための最善の策だ。

その他のエゴの声です。

人間関係の目的は、私の個人的欲求を満たすことだ。
そのために、疎外感を味わってもかまわない。

他人からの批判や反対は受けたくない。
私の態度がどうであろうとも、私は好かれ愛され受け入れられたい。

もし、人間関係でギクシャクすれば、それはあなたが間違っているのだ。
私はいつも正しいのだ。

私は欲張りで嫉妬深く、威圧的で人を思い通りに動かしても良い。嘘をついたり、欺いたり、隠し立てをしたり、浮気をしても許されるが、あなたはこれらのことを何一つしてはならないのだ。

規則を作るのは私である。あなたは私の気に入らないことは何一つしてはいけない。

過去の傷は決して忘れてはいけない。いつまでも覚えていないと危険だ。


○愛による世界の見方は違います。

私たちの人間関係の目的は
「お互い通しの一体感を体験すること」
「愛だけが真実なのだ」
と心に刻むことなのです。

「自分がだれなのかを知ること。
一人一人の存在の本質は愛なのだとわかること」

愛は人間関係を
学びの機会、
個人の成長へのチャレンジ
と考えます。

愛は、変わることがなく、問いかけることをせず、裁きを下すこともありません。
愛はいつも寛大でやさしいのです。
人類は幸福を生来受け継いでおり、
幸福こそ人間の本性です。


○「ゆるし」の架け橋

どうすれば、エゴの価値システムを捨てて、愛の価値システムを手にすることができるでしょうか。
それは「ゆるしという名の架け橋」です。
この橋は愛の土壌の上に築かれています。
愛の土壌には、どんな人のどんな行いも許せないものなどないのです。
ゆるしの架け橋を渡ることは、宇宙の一番大切な橋を渡ることです。
この橋は私たちの夢をかなえて、愛、平和、幸福へと導いてくれます。

**********

リマ:つまり、エゴだらけの自分を愛のある自分に変えるには、ゆるしが大切なのね。σ(・ω-;)

ニキエル:ゆるしは、あなた方人間を愛で満たし、幸せにしてくれるのです。
私たち天使には、もともとエゴがありませんから、人間のどんなおこないも許せるのです。
あなたが過去生でどんなにひどいことをしても、ずっと見守ってきましたね。

リマ:そうだったわね。守護天使はなんて辛抱強い存在なのかしら。
私も早くエゴを減らして、愛でいっぱいの人間になりたいわ。・(´ー`).。*・

ニキエル:そのために、わたしたちがついているのですよ。
人類が愛の存在になることが、地球を救うことになるのです。(⌒_⌒)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングのご案内

 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2009.07.17 Friday 21:47 | comments(4) | - | 
 | 1 / 2 PAGES | >>