<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

甲田光雄先生

甲田光雄先生
甲田光雄先生は有名な断食療法の医師です。
甲田先生はとてもユニークな方でそのお人柄に惹かれるファンも多いです。

私も病気の時にお世話になりました。
数年前、自宅から片道7時間かけて、日帰りで大阪八尾市の医院まで通いました。
途中で倒れても良いように、バッグの中に氏名と連絡先を書いたメモを入れて決死の覚悟で行きました。

医院は30年以上前の古い建物で、先生も洗いざらしの白衣に坊主頭、別の部屋で健康法の指導をされていた奥様も白髪をおかっぱにして、ご夫婦揃って質素なご様子でした。

初診時、先生は「どれ手を見せてごらん、ひゃぁー、ぎょうさん食べてきたなぁ!!」
「あんたの病気は食べ過ぎや、心配いらん絶対治るで、これからはこの処方を守って、うんと腹をすかせないかん、すけばすくほどようなるのや。」
とおっしゃいました。

それからは、言われたとおりに朝食抜き、朝夕青汁(野菜ジュース)を作って飲み、昼夜は玄米ご飯と豆腐だけの生活を2年間続けました。
それ以外に、指導された西式健康体操も毎日しました。

随分やせて体調も良くなりました。(2ヶ月で5キロやせました)
少食は良いです。毎日同じメニューなので、献立を考えなくてもよいので助かりました。
だけど、体調が良くなると誘惑に負けてしまい、今では元の体重に戻ってしまいました。
甲田先生ごめんなさい。(;^_^ A

甲田先生の本

○甲田光雄 

1924年、東大阪市に生まれる。大阪大学医学部卒。83才。
子供のころから病弱で、中学3年のとき慢性胃腸病にて2ヶ年間休学。
それ以後も陸軍士官学校以来、しばしば休学をくり返す。

医学部3年生のとき肝臓病で入院する。そのとき、いろいろな治療をしても現代医学では回復せず、そこで「肝臓病には栄養のあるものを食べなければならない。断食などしたら死ぬぞ」という主治医の猛烈な反対を押し切り、西式健康法に基づいて、生駒山で11日間の断食をして肝臓病を完全治癒させる。

このときから、断食療法には現代医学ではまだ解明されていない「未知の真理」が秘められていることを知り、以来50年間、自身でも行ない、医院でも患者を指導して大きな成果を上げている。

西式健康法、断食療法、生菜食健康法など、自然医学の研究に向かう。
その後、桜沢式食養など各種の民間健康法を自ら実践研究し、これらを応用するユニークな健康指導医として開業。もっぱら現代医学では難治とされる種々の疾患に挑戦して、多くの治験例を挙げている。


リマ:断食のことなら甲田先生です。先生の考案したおすまし断食は断食に付きものの空腹感がなくてとてもラクに出来ました。先生は現代の聖者です。また断食を50年以上続けている修行者だと思います。息子さんもりっぱなお医者様として活躍なさっているそうです。

西式健康法を参考に野菜ジュースを作って飲み始めた頃は、周りの人たちから随分バカにされたのに信念を貫き通してとうとう健康になり、医師としてたくさんの難病患者を救いました。

始めの頃は、ミキサーという便利な物がなかったので、父親の畑から菜っ葉を引き抜いてきて、井戸で洗い、包丁で刻み、すり鉢ですり、それを布巾で漉して飲んでいたそうです。雨の日も雪の日も続けていたので、甲田の息子はとうとう病気のせいで気が狂ったと村中でうわさされました。医院を開業してからも「あそこに行くと断食させられたり、青臭い汁を飲まされる」と来る人が少なかったそうです。

先生もときどき誘惑に負けて、(甘い和菓子が大好物)饅頭を何十個も食べたり、ハチミツを一ビンなめてしまったりしました。それを正直に本に書いているところがたまらなく好きです。

サンプラザ中野さん境野米子さん、現役の医師、大学教授などたくさんの方が甲田療法で健康になっています。

お正月に食べ過ぎたと思ったら、甲田療法のことを思い出してください。
(私もまた一日断食をしなくっちゃ!!)

参考資料
甲田療法解説
著作一覧
甲田療法に関するものなら何でも揃う山田健康センター

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
応援のクリックありがとうございます。(⌒_⌒)


精神世界

精神世界ランキング
2008.01.01 Tuesday 15:53 | comments(0) | - | 

私の好きな人

鈴木その子さんのことは、前からどこかに書いておきたかったのです。
とってもポジティブな生き方ですよね。大いに勇気づけられます。
まだまだ書き足りないエピソードがたくさんあります。書いているうちにあんなこともあった、こんなこともあったとどんどん思い出しました。

実際にお会いした方で、好きな人・尊敬する人のことを書きたいとずっと思っていました。うろ覚えなので調べて書くのは時間がかかりますが、これからも、少しずつ書いていきます。

自分が共感できる人物は、実在・架空にかかわらず、自分の中にある可能性を引き出してくれるようです。どんな人に引きつけられるか、リストにして気に入ったところ、気に入らないところを書き出してみると良いですね。

有名人でなくても、親戚のおばさん、学校の先生、友人などでも良いです。
困ったとき、迷ったときに、あの人だったらどうするかしらと想像すると、良い解決法が見つかるかもしれません。

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
応援のクリックありがとうございます。(⌒_⌒)


精神世界
精神世界ランキング

2007.12.30 Sunday 14:13 | comments(0) | - | 

鈴木その子さん

その子3
年表
1932年 1月20日 東京都目黒区に生まれる。
1952年(20才) 学習院女子短期大学卒業。同年結婚。
1974年 (42才)株式会社トキノ(現SONOKO)を創業。
1980年(48才) 「やせたい人は食べなさい」出版。 100万部のミリオンセラー。
料理研究家・鈴木その子の名が一躍世に知られる。
1984年(52才) 「鈴木その子のスーパーダイエット」出版。一大ベストセラーに。
1985年(53才) 銀座松坂屋にオリジナル料理の店「トキノ」オープン。連日大盛況。
1992年(60才) 「奇跡のダイエット」出版。
銀座4丁目に新ショップ「トキノ」銀座店オープン。
1998年(66才) 銀座5丁目に鈴木その子の美の総合館「トキノ」銀座店オープン。化粧品、食品、カフェを併設。
テレビ出演「美白の女王」として日本中に美白ブーム巻き起こる。
2000(平成12)年 12月5日 逝去(享年68歳)。

その子4

鈴木その子はお金持ちのお嬢様で、短大卒業直後20才で実業家と結婚しました。
そのまま、お金の苦労を知らず何事もなく平穏な一生を送ったかもしれません。
しかし、美食家の実母を糖尿病で亡くし、自慢の息子は拒食症でベランダから転落死してしまいました。

家族二人を間違った食生活が原因で亡くした彼女は、学習院短大の食品化学科卒ということもあり、食物や栄養について猛勉強して、父からの遺産10億円を元手に銀座にレストランを開きました。

おいしくてダイエットになるというので超人気だったそうです。
大企業の社長や有名人がたくさん来店しました。
しかし、レストランでは作れる料理に限りがあります。
そこで、たくさんの人が買えるようにと通信販売業に乗り出しました。

当時100万部のミリオンセラーとなった「やせたい人は食べなさい」を読み、むくみに悩んでいた私は、地元で開かれたその子先生の講演会に出かけました。会場で見たその子先生はスリムな体を赤い着物で包んでとても美しかったです。

となりの年配女性が話しかけてきました。
「私ら、ずっと米は栄養がないからパンを食べろと言われてきたのに、この頃はお米の方が良いんだってね。ころころ変わってどっちを信じたらいいのかしら。」

値段は高かったのですが、思い切ってしばらく続けました。
トキノの食材を食べているとむくみはなくなるのですが、止めると元通りに。。。
その後は、会員になって、本を参考に自宅でその子流調理を続けていました。
化学物質過敏症になって自然食品店のものも食べられなかったとき、トキノの食品だけは食べられました。おかげでなんとか生き延びる事が出来ました。

毎月送られてくる会報でその子先生の一生懸命な姿勢が伝わってきます。
本を出すごとにファンが増え、会社は急成長しました。
当時有名な栄養雑誌に「最近、栄養学を無視したいい加減な食事療法が大流行で、創始者の本を読むとあまりにいい加減なことが書いてあってムカムカする」という記事が出たり、医者や学者から総攻撃を受けましたが、くじけませんでした。

とうとう会員は30万人を突破。
TVにも出演して白さを強調した演出で大ブレイク!
本当は、その子先生は自分の食品を広めたかったのですが、TVネタとしては地味でなかなか取り上げてもらえませんでした。

そこで、彼女の化粧に注目が集まったので、そちらからアプローチすることにしたのです。「美白の女王」として大人気になり、ガンクロの女子高生を真っ白にする番組も登場しました。トキノのショップは女子校の修学旅行の立ち寄り先にもなりました。

その子1

【65才くらいのときの水着姿、
トキノの食事でいくつになってもスタイルが良いという宣伝のため。】


女手一つで始めた小さな会社が25年で100億円の大企業になりました。
なにがこんなに多くの女性達の心をつかんだのでしょうか。

「息子のような拒食症の子を救いたい!」が彼女の悲願でした。
あやまった食生活で体調を崩し、心まで崩壊する人びとを少しでも救いたかったのです。
そのために我が身をとことん酷使して、とうとう68才でこの世を去っていかれました。

今のSONOKOについては、私は商品を買っていないので、よくわかりませんが、その子先生の真摯な生き方には強く惹かれるものがあります。
自分を信じて、超ポジティブに時代を駆け抜けていった、強い女性の姿がここにあります。

話題になった50億円の豪邸「美白御殿」は金ぴかの和室あり、ベルサイユ宮殿風の広間ありのミスマッチぶりがおもしろくて大好きでした♪

その子2


参考資料
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』鈴木その子
創業者鈴木その子略年表 (SONOKOのHPから)
訃報 「美白の女王」鈴木その子さん肺炎のため死去

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
応援のクリックありがとうございます。(⌒_⌒)


精神世界
精神世界ランキング

2007.12.29 Saturday 19:39 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |