<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

世界一当たる預言者クレイグ・パーカー氏の2018年の予言

【クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2018年予言】


本山博さんのブログにも書かれていたクレイグ・パーカー氏2018年の予言をまとめてみました。


パーカー氏は、近年、世界一当たる預言者として注目を集めています。


クレイグ・ハミルトン・パーカー

クレイグ・ハミルトン・パーカー
Craig Hamilton-Parker

生年月日1954年1月24日 (63歳)
イギリス出身


一般企業の広告宣伝部長でありながら、TV番組や著作、新聞のコラムなどで予言を発表し続けるという異色のサイキックです。


2017年の予言では、
ドナルド・トランプの米大統領就任や
古代の巨大イカ出現など、その多くが見事に的中しました。


さらに過去の予言を紐解いても、英国民投票でのEU離脱派の勝利、仏における右翼台頭、ドローンによる「イスラム国」(IS)掃討作戦、独メルケル首相の暗殺計画発覚(いずれも2016年)、そして中国で発生した暴動や米国における穀物の大凶作(いずれも2012年)など、まさに的中のオンパレードでした。

 


■絶望的すぎる「2018年の予言」! 日本は…!?


そんな稀代の予言者クレイグ・ハミルトン・パーカー氏が2017年9月18日に明かした2018年の予言をいよいよ紹介しよう(抜粋)。来年は、どうやら“試練の時”とでもいうべき恐怖と混乱が私たちを待ち構えているようだ。


【クレイグ・ハミルトン・パーカー「2018年の予言」(抜粋)】


予言1
2017年末か2018年1月、北朝鮮の金正恩体制は国内のクーデターで崩壊する。経済制裁はまったく効果なく、米国は北朝鮮の鉄道を爆撃で破壊するだろう。そして、金正恩は中国に亡命する。


予言2
中国の度重なる挑発により、日本は平和憲法を捨て、米国による支援の下で再軍備を進める。日本は対価を支払い米国のミサイル防衛システムを導入する。


予言3
中国とインドの関係は緊張し、両軍は何度も衝突する。この過程で、インドは国境を拡大させる。さらに両国では洪水も起きる。


予言4
欧州に殺到する難民の数は膨大で、独で極右のデモや暴動が増加する。それにより、仏独関係が悪化する。


予言5
シリアはロシアとアメリカによって分割され、人の住めないような荒れ地となる。


予言6
悪性のインフルエンザが全世界で流行する。このインフルエンザは生物兵器である可能性もある。


予言7
ウクライナは、ミサイル技術を北朝鮮などに売っていた事実が明らかになり、国際的に非難される。2017年8月に米誌『ニューズウィーク』は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイルのエンジンをウクライナ国営「ユージュマシュ社」から調達した可能性があると報じ、ウクライナ政府は否定したが、その証拠が見つかる。


予言8
仮想通貨ビットコインの詐欺や、それがテロ組織の資金源として利用されているという実態が明らかになる。裏にはアメリカの一流会社も絡んでいる。


予言9
テロが世界各地で拡大し、多くの先進国はイスラエルと同じような(強硬な)テロへの対抗処置を導入する。欧州のどこかの国の首都(おそらくロンドンかベルリン?)でドローンによる化学兵器テロが起きる。


予言10
カリブ海で記録的猛威をふるうハリケーンが発生する。


予言11
カリフォルニアとオーストラリアで山火事が起きる。

 

これらが的中すれば、2018年はとてつもなく恐ろしい年になる。とりわけ日本に関する予言が気になるが、現に安倍政権は、先日の総選挙で勝利を収めたこともあり念願だった憲法改正の実施に向けて動き出そうとしている。予言にある通り、米国が北朝鮮の鉄道を爆撃すれば、間違いなく軍事衝突に発展するだろう。その際、日本はどうなるだろうか――。


しかし、最後は希望のある話で締めくくりたい。クレイグ・ハミルトン・パーカー氏は、予言発表と同時に「現代世界が諸問題に直面する中、これらは人類にとって真に覚醒するための試練である。人類には、どんな困難が起きようが善意の力で乗り越え、自ら世界を変える力がある」というメッセージも発している。彼の言葉通り、人類が目覚の時を迎え、予言が的中しないことを願ってやまない――。

 

トカナの記事を参考にしました。
http://tocana.jp/2017/11/post_14959_entry.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


リマ:この中で特に気になる予言は日本とアジアに関することですね。


予言1 北朝鮮の崩壊
これは、何年も言われ続けてきたことです。
今年こそ現実化するのでしょうか?


予言2  日本の憲法改正
こちらも自民党の悲願(長年のアメリカからの圧力)がついに成功する?
日本は軍事国家に、自衛隊は軍隊になるのでしょうか?


予言3 中国とインドの衝突
最近の政治情勢など見ていると、アジアはますます緊張に包まれています。
いつどんなことが起きても不思議ではありませんね。
日本が巻き込まれないことを祈ります。


予言6 世界的にインフルエンザの流行
これも不気味です。


本人の検証では、的中率は7割だそうですが、当たらなかった予言もたくさんあるそうですよ。


まあ、参考程度にしましょうね。

(^ - ^)

 

☆ . ::・’゜☆ . :

1月14日(日)前世グループ練習会(都内船堀)
お申し込み受付中

個人セッション・前世レッスンもご予約受付
HP☆☆☆(メニュー・ 料金もこちらです。)

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スピリチュアル・精神世界ランキング

精神世界ランキング

 

2018.01.09 Tuesday 20:19 | comments(0) | - | 

ゲリー・ボーネルさんの2018年予言2

ゲリー・ボーネル2

 

本山博さんのサイトに書かれていたゲリー・ボーネルさんの2018年予言のまとめ2です。
原文は本山よろず屋本舗の2017年のコーナーにあります。


前回の記事です。
ゲリー・ボーネルさんの2018年予言1

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ゲリーさんの2018年予言2(2017年11月4日)


長いので、ゲリーさんの予言の続きだけにして、後半のクレイグ・ハミルトン・パーカー氏の予言は別記事にします。


前回は経済・金融に絞りましたが、
今回は環境、ETと宇宙に関するものです。


メモの走り書きなので、正確ではありません。
私(本山氏)がアドリブ的につけたものもあります。


ゲリーさんは、人類の環境汚染は1952年にその分水嶺を越えたと言っています。
もはや修復不可能ということのようです。


ゲリーさんは以前、飛行機のファーストクラスに乗ったことがあります。
その席で、中国の環境大臣と話すと、 大臣は、「欧米はこの200年間、地球を汚してきた。今度は私達の番だ」と言ったそうです。


この後、中国は経済的に大発展していくわけですが、そこに大規模な環境汚染が伴っていたことは、この大臣にとって必然だったと言うわけです。


ゲリーさんの環境に関する予言を紹介しますが、これらは(人類の環境汚染ではなく)自然現象に関するものです。
今後20年〜25年後に起きる変化だといいます。


<環境>


・太陽が地球に影響を及ぼしている。


・海水が温められている。これにより、海水が膨張し、海水面が上昇している。


・海水温の上昇により、海底に溜まっていたメタンガスが溶け出し、海面に上ってくる。
メタンガスはCO2よりも温室効果が高い。
また海流の変化を引き起こす。


・このメタンガスが爆発するということではなく、一気に噴出し、200mにも達する津波を引き起こす。
人類は海岸線沿いにその人口の60%が住んでいるが、大きな被害を蒙る。


・これまでケムトレイルで撒いた金属は、いつまでも空に漂っているわけではなく、徐々に落ちてくる。
海岸線の地域(標高の低い地域)は、これにより空気が悪くなる。


・海は死にかけている。魚が捕られ過ぎている。
グレートバリアリーフは死んでしまった。


・バンクーバー島(シアトル沖)で海底爆発がある。


・地球の温度上昇は、極地域の永久凍土を溶かしている。
これにより、これまで氷の中に閉じ込められてきたウイルスが猛威を振るうようになる。
中世のヨーロッパでは、ペストの流行により、人口の30%が亡くなった。こうした危険性がある。


・巨大な太陽フレアが起こる。
これにより、地上の電気製品は全部機能を停止する。電気がないと多くの人は生き残れない。


・東京直下地震があるが、最大でもM8.6程度で震源は深い。
これから日本は、東日本大震災以上の規模の地震は起きない。


・ET(地球外知的生命体)が、小さな地震を頻繁に起こして、巨大地震が起きないようにしている。


・東京直下地震と海面上昇により、日本は首都を東京から移すことを決意する。
場所は、同じ関東圏で埼玉県の奥の方。


・富士山は噴火する。
盛岡の北の火山の噴火は、富士山噴火の予兆となる。


・ETが太平洋火山帯の活動を弱めようとしている。


・日本で安全な場所は、那須、長野、日本海側にもいくつかある。北海道の北部も安全。
那須の放射能汚染は大丈夫。フクイチの放射能は海に流れている。


*補足

これから20年〜25年の間に起こる予言です。
ゲリーさんは、現在の地球の人口を支えていくためには、地球は1.6倍の大きさが必要だそうです。
地球の真水は全体の2%しかないが、汚染されてしまった。
アカシックレコードには、これから人口はドラマチックに減っていくとあるそうです。
遠い日本の将来には、砂漠になる地域が現れ、逆にサハラ砂漠は森になるそうです。


<ET、宇宙関連>


・アメリカはアポロ計画により月にたくさんのETの基地があることを知った。
アポロ計画が突然中止になったのは、ETから「もう来るな!」と言われたから。


・ETは、ナスカの地上絵やミステリーサークルなどで、人類にメッセージを伝えようとしてきた。
人間が作った物もあるが、ETが作ったミステリーサークルも存在する。


・ETはすでに地球に住んでいる。
彼らは、人類の集合意識を変える為に来ている。


・2018年、本物のETが存在するというビデオがプレゼンされる。(当局は)これまで嘘をついていたことを認める。


・イマヌエル・ヴェリコフスキー著『衝突する宇宙』に書いてあるが、以前、月は2つあった。2万7千年前に小さい方の月が離れていった。これにより、重力が軽くなり植物が巨大化した。


・人類と直接コンタクトしているETの1つが、アルファ・プロキシマから来ているETである(注)。


・太陽系に9番目の惑星がある。地球の10倍の大きさがある。軌道が通常から6度ずれていて、巨大な楕円形をしている。その惑星が11月に地球に近づく。


・隕石は(相変わらず)やってくるが、これによる人類の絶滅はない。前回、アリゾナの北に人間大の隕石が落ちた。それにより直径1.6km(深さも同じくらいの)のクレーターができた。


(注)
エリザベス・クラーラー著『光速の壁を超えて』に書かれている惑星メトン星のことか?
2016年8月下旬、科学雑誌で著名な『ネイチャー』(電子板)に、ロンドン大学が太陽系から4.2光年の距離にあるプロキシマ・ケンタウリと呼ばれる恒星を周回する惑星(プロキシマb)を発見したという記事が載りました。この惑星は地球と同じような環境にあり、生命が存在する可能性があるといいます。そしてこの星こそエリザベス・クラーラー女史が、(この星の住民である)科学者エイコンと4か月ほど過ごした、惑星メトン星ではないかという話でした。

(私のブログの『光速の壁を越えて』も参照)


ゲリーさんの予言はこれで終了です。

 

☆ . ::・’゜☆ . :

1月14日(日)前世グループ練習会(都内船堀)
お申し込み受付中

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

 

友だち追加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スピリチュアル・精神世界ランキング

精神世界ランキング

 

2018.01.05 Friday 19:32 | comments(0) | - | 

ゲリー・ボーネルさんの2018年予言1

【2017年10月に開催された『ゲリー・ボーネルの予言2018』ワークショップ】

ゲリー・ボーネルさん

 

本山博さんのサイトに書かれていたゲリー・ボーネルさんの2018年予言をまとめてみました。

 

毎年、ゲリ-さんの予言を気にしていますが、

細かいところより、大筋が当たっているように思います。

今年の予言も参考にさせていただきます〜


原文は本山よろず屋本舗の2017年のコーナーにあります。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ゲリーさんの2018年予言1


10月21日(土)に東京、大手町で行われたゲリーボーネルさんの2018年予言セミナーのメモ
内容は経済・金融面が多かった。
録音禁止だったので、大野百合子さんが通訳したことを必死でメモした。


国別に2018年の経済・金融の動向のまとめ


<中国>

 

・中国は、資産と負債を比較すると、負債の割り合いが一番多い国である
(世界の主要国の中でという意味と思われる)。

 

・個人の借金をチャラにしようとするが、上手くいかない。

 

・2018年、中国の人民元は崩壊し、経済が崩壊する(中国バブルの崩壊)。

 

・中国はこれをアメリカからの借金(中国が持つ米国債の売り)で解決しようとする。これがアメリカを直撃する。

 

・バブル崩壊により、文化大革命的なことが起こる。


*補足


中国は資源確保の意味で、これまで多大な額をアフリカに投資してきた。
しかし、アフリカの国々は、中国を追い出し、企業を国有化しようとするだろう。
さらに中国が上海に投資した開発費のうち、90%が未払いだ。

中国はふんだりけったりという感じだ。
習近平国家主席がこれからの中国の明るい未来を語っていたのを、ゲリーさんはよくあそこまで嘘が言えると感心していた。


<アメリカ>

 

・アメリカを含め南北アメリカ大陸の国々は、経済的な危機をストップできない。
ハードランディングとなる。
これにより、リーマン危機と同じことが起きる。

 

・アメリカの経済的な問題は輸出品がないことだ。
それゆえ借金を返せないので、ドルを刷って返そうとする。
これによりインフレとなる。

 

・米ドルは価値を落とし、これまで世界の準備(リザーブ)通貨であった地位を失う(世界は機軸通貨を失う)。

 

・そこで世界は貿易を維持するために、米ドルの替わりに、円(日本)、ウォン(韓国)、ペソ(メキシコ)を使うようになる。

 

・中国の経済崩壊に伴い、アメリカは中国に進出した製造部門の企業を引き上げ、日本に持ってくる。


*補足

 

中国の経済崩壊に伴いアメリカが製造部門の企業を中国から日本に持ってくる件で、会場からの質問
日本ではなく、人件費の安い東南アジアの国々ではないか?
ゲリーさんの答えは、例えばフィリピンは世界一人件費の安い国だが、安定していない。

(マレーシアやタイも同様に不安定)。
それゆえ安定している日本が選ばれるという。

 

EUも経済危機を迎える。
アメリカの政治的な問題が世界の金融に影響を及ぼす。
アメリカとEUの経済危機はリーマンショック並みで、中国のバブル崩壊は1930年代の世界大恐慌並みだという。


<日本>

 

・米ドルの機軸通貨脱落で、日本の円は上がることで、輸出産業が打撃を受ける。

 

・日本の貿易のパートナーとして、東南アジアの国々(特にインドネシア、マレーシア)の比重が大きくなる。

 

・お金に関しては、2018年はバッドイヤー(悪い年)になる。
保険や株は、大きな会社で資本金が大きいところは大丈夫だが、新しい会社や資本金の少ない会社は気をつけた方がよい。

 

・北朝鮮のハッカーによって、すでに日本の2つの大きな銀行(うち一つはM銀行)の顧客情報が盗み出された。
アメリカも被害を蒙り、すでにアメリカ国民の半分の情報が流失した。

 

・日本の銀行システムは最も洗練されたものだが、問題は隠蔽体質である。
ハッキングされたことを隠そうとしている。
来年2月〜3月に、ハッキングされたことが公表される。

 

・アメリカの製造部門の企業が日本に来ることにより、日本の経済は良くなる。
株も上がるが、日本人は景気上昇を実感しない。
経済指標が上向いているにもかかわらず、消極的な態度を取る。
今後5年間は景気が良い。

 

・景気が上向く日本の問題は、人材の確保となる。
それゆえ移民(特にインド)が増えるだろう。
単純労働ではないスキルの必要とされる人材の確保が大きな課題となる。

 

・2018年〜2020年、世界的な金融大変動が起きるが、日本は大丈夫。


*補足

 

気になるのはハッキング。
銀行口座のお金が盗まれるといった直接的なものではなく、ハッキングした顧客情報を使って本人になりすましてローンを組んだりするようなもの。

私達にできる対策としては、こまめにネット口座のパスワードを変えることです。
不安に思われた方は、こまめにパスワードを変えることをお勧めします。


<投資関連>


リマ:私が興味あることに絞りましたので、気になる方は本山さんのサイトで確認してくださいね。

 

・ビットコインを世界中の人々が使うことはない。
新しい世界銀行は、ビットコインのような代替通貨を認めない。
5年後には仮想通貨は無くなっているだろう。  

 

・私(ゲリー)は、いつも金(キン)を信じている。
しかし銀の方が上昇率はいいだろう(銀は工業で使われるようになってきた)。
銅もそれなりによい。
レアメタルが多く使われるようになってきたので、石英(雲母かも?)がよい。

ただし鉱山株を買うのではなく、現物を持つようにした方がよい。

 

・これから2年は、通貨の売り買いをする場合は非常に気をつけた方がよい。


*補足

 

ブラジルはパームオイルや家畜のために森林を破壊してきた。
そのブラジルがヘンプ(麻)や竹のビジネスに乗り出す。
食物繊維を使ったものや紙のビジネスです。


福島の放射能汚染はヘンプ(麻)を植えることで浄化される。


中国は農民から農業を取り上げ、高層ビルに住まわせるようにした。
このため中国では米が足りなくなり、日本から輸入するようになる。


製造業界は3Dプリンターの登場で革命が起きている。
これにより、製造業界は小さなユニットで、様々な物が作れるようになった。

 

環境(巨大地震や火山爆発などの自然災害)や、ET関連などの予言は、別にまとめて掲載します。

 

本山さんの感想:
ゲリーさん自身は、自分の予言が当たるか外れるかといったことに、恐ろしく無頓着らしいです。
私としては、時期にこだわらず、未来の方向性を知るという意味で、ゲリーさんの予言を生かしていきたいと考えています。

 

ゲリー・ボーネルさんの2018年予言2 へつづく

 

☆ . ::・’゜☆ . :

1月14日(日)前世グループ練習会(都内船堀)
お申し込み受付中

個人セッション・前世レッスンもご予約受付
HP☆☆☆(メニュー・ 料金もこちらです。)

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スピリチュアル・精神世界ランキング

精神世界ランキング

 

 

 

2018.01.03 Wednesday 10:16 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |