<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マザーテレサはうつ病だった?!マザーの心の闇を考える。

マザーテレサ1

 

・マザーテレサがうつ病だったと感じた理由

 

マザーテレサの記事を書いているときに感じたことです。


あれ〜晩年のマザーはもしかしたらうつ病だったのではないかしら?σ(・ω-;)


というのは、20代の時、私は職場の雰囲気になじめず、悩みすぎてうつ病になったことがあるからです。


マザーの告白が、当時の私にとてもよく似ているのです。


マザー「私には神(光)が見えない
50年間、私は虚しい暗闇を生きてきた。
虚しい。孤独だ」


「私の微笑みは仮面である」

 


・私のうつ病体験とマザーへの共感

 

私も職場では、ムリヤリ普通に明るく振る舞っていましたが、本当の私は一人ぼっちで孤独だ〜と感じていて、仕事が終わると心がヘトヘトに疲れて真っ暗な気持で帰宅しました。


数ヶ月後、ついに出勤出来なくなり、半年休職しました。


わかるよ、マザー(;△;)


あなたは最初は、神様と貧しい人に奉仕するために理想に燃えていたんだよね〜
でも、いろいろな困難や障害に遭い、心が折れそうな時もあったんですね。
周りの人々やシスターたちには、そんな気持はみじんも出さずに、気丈に頑張ってきたのね。


その時の辛さや苦悩をもっと言えれば良かったね。
真面目だから、言えなかったのね。


活動に参加する人が増え、救うべき人たちも多くなれば、それだけ責任も重くなります。
また、イエズス会とのつながりや、その他の団体との付き合いも多くなれば、ストレス増大です。


マザー、ときどき休んだり、遊んだりすれば良かったですね〜


公的なマザーテレサの顔と、個人のアグネス(マザーの本名)に次第にギャップが大きくなって来たのでしょう。


聖女にしたてあげられて、頑張り屋のマザーは、聖女路線を突っ走りながらも、アグネスの部分は悲鳴をあげていたのだと思います。

 

 

・マザーテレサのホンネと名言


ホンネ43才、ベリエール司教への告白
「私の心の中に恐ろしい闇があるために、まるですべてが死んでしまったかのようです。
私がこの仕事を始めるようになって間もないときから、そのような状態がずっと続いています」


ホンネ44才、ベリエール司教への告白
「私の魂は、深い闇と悲しみの中に置かれたままです。でも私は不平をいうようなことはいたしません。神がのぞまれることはすべて、私を用いて成就していただきたいのです。」


その一方で、聖女として
数々の名言を出しています。


・貧困をつくるのは神ではなく、私たち人間です。

なぜなら、私たちが分かち会わないからです。


・執着心から、捨てられないもののなんと多いことでしょう。

すべてをイエスに差し出すためには、所有物は少ない方がよいのです。


・私たちは大きなことはできません。ただ、小さな事を大きな愛で行うだけです。


・太陽を見なさい。そうすれば影は見えなくなるから。


・愛の反対は憎しみではなく、無関心です。

世界で一番恐ろしい病気は、孤独です。


・愛されることより、愛することを。

理解されることより、理解することを大切にしなさい。


・自分のことへの思いわずらいでいっぱいだと、他人のことを考える暇がなくなってしまいます。

 

 

・マザーがうつ病だったとしたら?

 

マザーがうつ病だったという視点で、これらの言葉を読むと、自分への激励だったのかもしれません。


人は誰でも、ホンネとタテマエがあります。


マザーは責任が大きくなるにつれ、そのギャップが大きくなりすぎて、苦しんでいたのでしょう。


それでも、くじけなかった彼女はすごいパワーの人だと思います。

 

マザーテレサ:どうか私のために祈ってください。
神への思慕の情が、私の心に恐ろしい苦痛を与えています。
闇は大きくなるばかりです。
何という矛盾が私の心に存在するのでしょう。
苦痛があまりにもひどいので、あらゆる世間の評判や人々の話に何も感じることができません。

 

司教様が気づいて休息させることができたら、ここまで苦しまなくてすんだかもしれません。
しかし、超頑固なマザーですから、休むなんてとんでもないとはねつけそうですね。


マザーへの批判がいろいろ言われていますが、ここまで自分に打ち勝ってきたマザーは心底強い方だったと思います。


マザー、やっぱりあなたは偉大です。
゚+o。(感;エ;激)。o+゚  

 


マザー・テレサ あふれる愛(写真集)  – 1981/3/6
沖 守弘 (著)

 

☆ . ::・’゜☆ . :

11月12日(日)前世グループ練習会

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座
HP☆☆☆(メニュー・ 料金もこちらです。)

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加  @wzs2874t

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
応援のクリックありがとうございます。

精神世界ランキング   

 

 

 

 

 

2017.11.08 Wednesday 09:23 | comments(0) | - | 

マザーテレサとダイアナ元妃の前世

中世の戦争

【中世の戦争 一場面】


マザーテレサダイアナ元妃が晩年に交流があったのは、前世の縁によるものでした。
先日瞑想していたら、二人の前世が出て来ました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

そこは中世のヨーロッパの小国です。
マザーはその国の王妃でした。
ダイアナは王女


その地域では、いつも近隣の国同士で戦争をしていました。
勝った国は、負けた国の兵士を全員殺していました。


それに心を痛めた王妃は、国王に願い出て、捕虜となった敵の負傷兵を収容する病院を作りました。
そこでは、動ける兵士が、動けない兵士を看病しました。
やがて、国内の医者にかかれない貧乏な人たちも来るようになりました。


ダイアナ王女も母の病院を献身的に手伝うようになったのです。
マザーの病院は、身体を病んでいても誰もが心が安らげる場所でした。


やがて、国王が亡くなり、長男(マザーの息子)が新王に即位しました。
若い新王は、マザーの病院は無駄遣いだとして、閉鎖させてしまいました。


マザーは修道院に幽閉され、ダイアナ王女は政略結婚のために他国に嫁がされました。

(マザーが修道院を出て活動したのはこの影響かもしれませんね〜)


二人は別れるとき、生まれ変わったら貧しい人々のために尽くしたい、また会えますようにと約束したのでした。


そして、数百年の時空を超えて、現代で巡り会うことが出来たのです。


注:これは私が見たイメージです。事実であるという根拠はありません。

 

銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。

世界を支配していいのは、愛なのです。

              マザーテレサ

☆ . ::・’゜☆ . :

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座
HP☆☆☆(メニュー・ 料金もこちらです。)

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加  @wzs2874t

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.10.24 Tuesday 09:40 | comments(0) | - | 

マザーテレサとダイアナ妃の出会い

マザーテレサとダイアナ2

【facebookより】

 

貧民街の聖女と呼ばれていたマザー・テレサ、イングランドのバラと呼ばれたダイアナ元皇太子妃

あまりにも違いすぎる二人の関係について書いてみます。

 

宗教的にはマザーテレサはカトリックのイエズス会、ダイアナ元妃はアングリカンでした。


*アングリカンとは、15世紀にできたイングランド国教会のことです。

当時の国王、ヘンリー8世が離婚しようとしましたが、ローマのバチカンでは認めてもらえないので、カトリックから分離して創った宗派です。

 

マザーとダイアナが、交流を始めたのは1991年
ロンドンの某授賞式で面会しようと、マザーがダイアナ妃に手紙を送ったのが、始まりだったと伝えられています。

 

この面会は、実現しませんでしたが、翌年2月、ダイアナ妃が、ローマのマザーの修道院を訪ねたことで、2人は初対面しました。

この時の面会時間は予定をはるかに超え、30分にも及び、2人きりでチャペルに入りイエスに祈りを捧げたそうです。


マザーテレサとダイアナ

【'97年6月、尊敬するマザー・テレサとダイアナ、NYの修道院で】


2人が最後に会ったのは、97年6月。


アメリカ、ニューヨークの修道院に滞在していたマザーを、ダイアナが訪問しました。
2人が交わした言葉や、手紙などは公表されていませんが、死後、世界各国で開催されたダイアナ展『Diana, A Celebration』には、93年にマザーがダイアナに贈ったという祈祷書が展示されており、2人の親交の深さを物語っています。

 

敬虔なカトリック信者のマザーは、避妊、妊娠中絶、離婚は罪で、絶対にしてならないと強く言っていました。

 

しかし、別居中のダイアナの離婚が決まったとき、

「ダイアナは本当にかわいそうな子だ。彼女は多くの愛を与えているのだから、少しは取り戻すべき。結婚が終わったのは、喜ばしいことだと思う。あの結婚生活で幸せな者など、誰一人としていなかったのだから。自分が、家族愛や家族の絆を説くべきき立場にいるとは分かっているけれど、このケースはね・・・・」と、ダイアナの離婚を祝福するような言葉を述べました。

 

この発言は、たちまち世界中に伝わり、マザーはすぐに宗教新聞「カトリック・ヘラルド」に、「私は、離婚を勧めたことなど一度もない。夫婦間に問題が生じたら、神に祈りを捧げなさいと、常に説いてきた」という言葉を寄せ、一貫して、離婚には反対していると主張しました。

 

表向きは反対していても、詳しい内情を知れば、仕方ないと思うこともあったのでしょうか。


ダイアナ妃

【96年8月、パキスタンの病院でがんに苦しむ子どもを抱きしめるダイアナ】


ダイアナが他界したのは、1997年8月31日。享年36歳


ダイアナが、衝撃的な事故で亡くなったという知らせを受けたマザーは、すぐに、「彼女は貧しく恵まれない人々のことを、常に気にかけていた。彼らのために何かできることはないのかと、考えていた。だから、彼女は私にとても近い存在だったのです」という哀悼のコメントを発表しました。

 

亡くなった翌日の9月1日は、対人地雷全面禁止条約の起草会議開催日でした。
会議でダイアナ元妃死去のニュースと生前の功績がクローズアップされ、ダイアナが取り組んできた対人地雷全面禁止条約(オタワ条約)が締結しました。

 

マザーが他界したのは1997年9月5日。享年87歳。


心臓が弱ってペースメーカーをつけ、マラリアにも感染していたマザーは、ダイアナの死に大きなショックを受けたのでしょう。
ダイアナの死から1週間もたたないうちの死でした。


ダイアナの最期の言葉は、「あぁ、神よ(Oh my God)」、

マザーの最期の言葉は、「イエスよ、愛しております(I love you Jesus)」だったと伝えられています。

 

その年の1997年には「神の愛の宣教者会」のメンバーは4000人を数え、123カ国の610箇所で活動を行っていた。

活動内容はホスピス、HIV患者のための家、ハンセン病者のための施設(平和の村)、炊き出し施設、児童養護施設、学校などである。                                                  ウイキペディア

 

 

参考記事:(時系列が詳しいので参考にしましたが、筆者のマザーテレサは偽善者だとの考えには賛成できません。)
マザー・テレサは“王室かぶれの偽善者”だった!? ダイアナ妃との癒着も

 

 

私は、二人の関係は現世だけではなかったと考えています。

 

☆ . ::・’゜☆ . :

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座
HP☆☆☆(メニュー・ 料金もこちらです。)

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加  @wzs2874t

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2017.10.22 Sunday 11:06 | comments(0) | - | 

マザーテレサとダイアナ妃について

ダイアナTV2

【大きく成長した二人の王子】

 

先日、NHKTVでダイアナ妃のドキュメンタリー番組を見ました。
BBC制作で、二人の王子、ウイリアム王子とヘンリー王子の証言を元にしたものでしたが、息子たちにとって母の死がいかに重かったかが述べられていました。

ダイアナ妃が亡くなった当時は幼かった息子たちも、立派に成長していました。


後半で、晩年、マザーテレサはダイアナ妃と親密に交流していたことも語られていました。

 

ダイアナTV1

「息子が語る“母ダイアナ”」有料216円

 

不慮の事故で母を失った後、ウィリアム王子とヘンリー王子は喪失感とどう向き合うか、長い間もがき続けた。死後20年を迎え、二人は母・ダイアナが残した“お気に入りの写真”のアルバムをめくりながら母との思い出を語る。ダイアナ妃の弟・スペンサー伯爵、友人、側近、慈善活動の仲間とのエピソードを交え、ダイアナ妃の知られざる素顔に迫る。
10月9日(月)8:15放送
Oxford Films/ITV/Drive Media Rights制作 イギリス2017年

 

番組紹介記事

英ウィリアム&ヘンリー王子が初めて語る、故ダイアナ妃は「こんな母親だった」
2017-07-11

 

☆ . ::・’゜☆ . :

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座
HP☆☆☆

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加  @wzs2874t

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

 

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


 

 

2017.10.21 Saturday 10:38 | comments(0) | - | 

マザーテレサの心の手紙

マザーテレサ 来て、わたしの光になりなさい! – 2014/10/1
マザーテレサ (著)

 


”Come Be My Light”


マザーの死後、2007年に公表されたマザーの手紙の内容は、世界中に衝撃を与え、大ベストセラーになりました。
日本語訳は
マザーテレサ 来て、わたしの光になりなさい! –2014年に出版されました。

それがこの本です。


そこには、一般的に聖女と思われていたマザーの苦悩が記されていました。


表の顔と裏の顔が違いすぎるじゃないかと大論争が起き、マザーテレサの心の闇という言葉が出来たのです。


私も最初は驚きましたが、そんなに悩み苦しみながらも世界中の貧しい人々のために粉骨砕身して生涯を捧げたマザーは本当にすごい方だと思います。


「神の愛の宣教者会」のリーダーであるマザーが、周囲の修道女たちに自分の悩みを打ち明け迷いながら、活動していたらどうだったでしょうか?


みんな心がグラグラしてしまいますよね。


イエズス会の懺悔聴聞司祭(ざんげちょうもんしさい)たちにそのような心の迷いを告白する手紙を書くことで、自分の心を見つめていたのです。


解決できなくても、しっかりと自覚していたのです。
そこが、我々凡人と違う偉大で勇気ある魂だと思います。

 

原書の表紙、Amazonにリンクしています。


以下はマザーテレサの手紙からです。


「私の心の中に恐ろしい闇があるために まるですべてが死んでしまったかのようです 私がこの仕事を始めるようになって間もない時から このような状態がずっと続いているのです」 1953年(マザー43歳)


「私のために祈ってください 私の心のすべてが氷のように冷たいのです 私を支えていた疑うことを知らない信仰は 実際には私にとって すべて闇を生み出すだけなのです」1955年(マザー45歳)


「私の魂の中には あまりにも多くの矛盾があります 神への深い思慕の情――神との触れ合いを渇望するその思いが 繰り返し私に苦しみを与えるのです 私は神から求められてはいません 神から拒絶され 虚しく 信仰もなく 愛もなく 熱意もありません 私の魂には何ひとつ魅力あるものがありません 天国は何の意味もありません それは私には空虚な場所のようにしか感じられません」1957年(マザー47歳)


「私がシスターや人々に神や神の仕事について口を聞くとき その人たちに光と喜びと勇気をもたらすことをよく理解しています しかし その私は 光も勇気も何も得ていないのです 内面はすべて闇で 神から完全に切り離されているという感覚です」 1985(マザー75歳)


「もし神が存在しないとするなら 魂は存在できません もし魂がないのなら 主よ(イエス様) あなたも真実ではありません」


手紙部分は、そらら日和さんのサイトより引用しました。

 

偉大な聖女マザーテレサにも悩める人間としての側面があったことで、私にはより身近に感じられました。

 

マザー、ありがとうございます。
(^ - ^)

 

☆ . ::・’゜☆ . :

10月19日(木) 気とオーラとスプーン曲げお茶会

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座
HP☆☆☆

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加  @wzs2874t

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

 

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.10.17 Tuesday 09:57 | comments(0) | - | 
 | 1 / 3 PAGES | >>