<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

私の前世はアフリカに入植した白人妻でした。

グレートトレック1

【グレートトレック:グレート=トレックとは、1830年代後半から40年代初めまでにケープ植民地のオランダ系入植者が、イギリスによる支配をきらい、その手の届かない自由の天地を求めて、北へ北へと向かった、集団的な大移動のことをいう
。彼らは、そのつど100〜300人の一団を組み、幌馬車を連ねてケープを脱出した。その総数は、彼らと行動をともにしたコイコイ人、黒人奴隷を含めて約1万人前後にのぼったという。】

 

先日のセルフ前世個人レッスンで、出て来た前世です。
ご本人様の承諾を得てご紹介しますね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Mさん女性


最初に見えたのは、空から地上を見下ろしている場面でした。


私はアフリカにいます。
ジャングルがあって、槍を持った部族の人たちが見えます。


私は若い白人女性です。
白い服と帽子、ヒラヒラしたレースの服です。
馬車の荷物の上に座っています。


道の真ん中を馬車が通っていき、道の脇にはマサイ族のような人たちが槍を持って見ています。


ヨーロッパ人の開拓団みたいです。
荷物をたくさん積んでいます。
馬車の一団が長く続いています。


これからどこへ行くのか、不安です。
私は夫について来ただけで、目的地も家もよく分かりません。


グレートトレック2

【グレートトレックの一場面】

 

現地での私の役割は、開拓地でのお手伝いや家事です。


最後の場面では、家の中でベッドに横たわっています。
病気です。
20〜30代の青年が見守ってくれています。
私の息子です。


「お母さんがいなくても大丈夫、ちゃんとやっていけるわよ」


死んだ後、この人生を振り返ってみました。


世の中の流れに身を任せるだけの人生だった。
自分でやりたいことがあっても、やりたいと言えなかった。


ただ夫についていって、やるべきことをやっていた。
なんで、こんな所に来てしまったのか。
なんで、男性に従わなければならなかったのか。
葛藤があった。


幸せでないことはなかった。
何不自由ない生活だったし、家族や周りもいい人たちだった。
得に不満はなかった。


次は自分で切り開ける主体的な人生を送りたい。


前世の自分からのメッセージ
「やりたいことがあったら、やりなさい」

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Mさんのご感想


2年前から前世のCDを聞いていましたが、ほとんど何も出て来ませんでした。
1回だけ、お姫様が馬車に乗っているイメージが出て来ました。

 

初めての前世誘導ワークなのに、まるで映画のようにスムーズに映像が出て来ました。
教えてもらった練習方法で、もっと自分の前世を見て、自分のことを深く知りたいと思います。


リマさんの誘導で、前世の自分をヒーリングすることができました。
ありがとうございました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


リマ:
Mさん、ありがとうございました。
イメージから、19世紀頃のアフリカ入植時代のようですね。


歴史的には、グレートトレックという出来事かもしれません。
この時代の記録を読めば、もっと詳しく思い出せるかもしれないですよ。
http://www.y-history.net/appendix/wh1402-017.html#wh1402-017_1

 

当時は、女性の権利が認められていなくて、男性に付き従うしかない時代でした。
そんな経験から、今の日本で自由に生きる女性の人生を体験することにされたのでしょうね。


ご自分の前世をどんどん知って、前世のトラウマや思い込みをはずしていくともっと自由に生きられます。


これからのますますのご発展をお祈りしています。
ヾ(@^∇^@)ノ♪

 

☆ . ::・’゜☆ . :

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座

メニュー・料金
HP☆☆☆

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加  @wzs2874t

 

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.10.07 Saturday 09:43 | comments(0) | - | 

あの世のペットに会いにいきました。

ペット犬

 

先日、ペットを亡くされた方がセルフ前世講座を受けられました。
その時、先日亡くなったばかりのワンちゃんに会いにいくワークを追加で行いました。


これは、前世を見るワークの後で行います。

その方が見やすくなるからです。


私の誘導で、しばらくすると、ワンちゃんが現れました。


飼い主さん:Nちゃんがいます。
生きているときと同じですが、全身に光をまとっています。
(;▽;)


飼い主さん:Nちゃん、今どうしているの?


前に飼っていた2匹の子と一緒に光の中にいるよ〜
と言っています。


この世では会ったことはないのに、あの世でみんな仲良くしています。
(;△;)


飼い主さん:今、して欲しいことある?


・・・ニボシが食べたいと言っています。
好物でした。(;▽;)


リマ:ワンちゃんからのメッセージがありますか?


飼い主さん:お母さんとケンカしないで〜って
(朝、出がけに母と言い合いをしました。見ていたんですかね〜)


もう、充分生きたから満足よ。
(11歳半でした。(;▽;))


しばらくして、ワンちゃんが他の子たちと光の中へ帰っていくのを見送りました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


亡くなったペットの中には、飼い主さんの近くにしばらくとどまっていることがあります。


何となく、そばにいる感じがしたり、
そっと触っている感覚があったり、
肉球で押されている感覚があったりします。
また、かすかに臭いがすることもあります。


それは、気のせいではなく、ペットちゃんからの合図です。
「私はここにいるよ〜」


あの世からも、飼い主さんに忠実に、そばで守りたいというペットの優しい愛情なのでしょう。


セルフ前世講座の追加で受けられます。


どちらも、見えない世界という点で同じですね〜
(*^-^*)


興味のある方はお問い合わせくださいね。

セルフ前世 個人レッスンHP☆☆☆

☆ . ::・’゜☆ . :

友だち登録してね。

友だち追加  @wzs2874t

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.08.27 Sunday 18:22 | comments(0) | - | 

古代エジプトの魔女でした。前世練習会ご感想

ネフェルタリ

【エジプト王妃ネフェルタリ】

夫は同じ星から来たツインソウルでした。のつづきです。
 

7月のセルフ前世練習会、午後の部、グループ練習会で出て来た前世です。


・アイスランドです。
私は10代の少女でした。
家族は父親だけ、父の仕事を手伝っています。
畑や父の仕事(具体的には不明)、いやだった。
農村で人が少ない。
自由になりたい。
広い世界に出てみたい。
しかし、男たちに乱暴されて、滝壺に身を投げてしまった。
(出て来た思い、男性の言いなりになりたくない。

自由になりたい。去年、アイスランドに旅行に行った。)


・古代エジプト。
兄はファラオ、私は妹20代で魔術ができた。
手のひらから火が出せた。
ミイラ作りの専門職だった。
貴族や権力者のために能力を使うのが辛い。
神殿に行くのがいやだった。
老衰で亡くなった。
(出て来た思い:男性中心の考え方がくやしい。

能力を利用されて、いやだがやるしかなかった。

超能力は自分には役に立たなかった。手放したい。)


・16世紀のイギリス。
17才の少女。寄宿舎に入れられている。
森の中を逃げている。
妖精の男の子も自分だと感じた。
木と同化して隠れた。
ストーンヘンジの近くで、異界の存在が立ち寄る場所だった。
家族は両親と妹。
最後は、火で焼かれている。
恐怖で失神した。
妹が嫉妬で密告したらしい。
(出て来た思い:家族は信用できない。)


・宇宙船の中、自分は髪の毛がクルクルした宇宙人。
ぴったりした宇宙服の身分の高い女性。
作戦会議で指示をしていた。
自分の星が爆発した。宇宙船もやられた。
自分も怪我をした。
脱出ポッドで逃げた。
窓から見て、もうすぐ地球だ〜(そこで死んだらしい)
(出て来た思い:自分だけ脱出した。

ものすごい罪悪感と後悔。

私がもっとしっかりしていれば・・)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

リマ:ご参加のお二人様、お疲れ様でした〜
似たような思いが出て来て、やはり参加者同士はシンクロしていますね。


このような前世が出て来ましたが、
それらは、その人の記憶の中から出て来たものです。
本当かどうかは気にしません。
どっちみち、検証できないからです。


重要なのは、その時、後悔や罪悪感、執着などの感情が残ってしまうことです。

それらは、前世からのトラウマとなって、本人を今でも苦しめています。


それぞれの前世の思いを、ヒーリングして天に帰ってもらいました。


人にはたくさんの前世があり、それぞれの前世でカルマトラウマを作っています。
それを知ってヒーリングすると、現世が軽くなります。
もっと生きやすくなります。


あなたも、セルフ前世療法を覚えて、ご自分で自分を癒してみませんか?ヽ(´∀`)ノ

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

セルフ前世 個人レッスン→HP☆☆☆

 

セルフ前世練習会は毎月開いています。

8月14日(月)セルフ前世練習会

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2017.07.19 Wednesday 08:22 | comments(0) | - | 

夫は同じ星から来たツインソウルでした。

ツインソウル

 

7月のセルフ前世会は。
午前中は個人レッスン、午後はそのままグループ練習会という流れでした。
1日ワークショップになってしまいました。 (^ - ^)


午前中は、前世の見方のレクチャーと個人指導。
午後は、一緒に前世を2回見ました。


1日でご自分の前世を3つも見られて、お得感満載です。
また、午前中も会場をゲットできたら、開催したいです。


以下、出て来た前世のいくつかをご了承を得て掲載します。

 

《夫はツインソウルでした。》


私は金色の巻き毛の少年でした。
年は10才くらい。
中世ヨーロッパで職人風の衣装、
白い薄汚れたシャツとベストにズボンです。


オランダのようです。
小さな作業小屋で、大好きなお姉さんがベッドに寝ていて、もうすぐ死にそう。
兄弟はたくさんいて、自分は末っ子。


深く暗い森の奥で、魔女の集会(サバト)を見てしまった。
魔方陣があって、マントの人が集まっていた。
指導者は人間ではなかった。
とてもこわかった。


死の場面では、大きな船で他の国に行こうとしていたが、船の中で亡くなった。
20才くらいだった。
短い人生だった。


母親代わりのお姉さんに会いたかった。
貧しい家に生まれて、お金がなく、辛かった。
当時の時代のおかしいところ、抑圧されていたことを、今の自分がやってあげたい。


ご感想:今の夫が、お姉さんの生まれ変わりだということが確信できました。
以前、ゲリー・ボーネルさんのセッションで、

夫のことを質問したら、「二人は同じ星の人だ」といわれたことがありました。

今回の前世で、夫がツインソウルだと確信しました。ハート

 

 

《シスターとして子供たちを守ろうとした前世》


ヨーロッパにいます。
塔や石畳があります。
私は、20代のシスターです。
髪を布でおおっています。
ここは教会で、家族はいません。
ここで働いています。
たくさんの子供の面倒をみています。
孤児院のようです。


場面が変わって:
みんなで逃げている。戦争みたい。
一緒に逃げた子どもたちが死んだ。
私は一人ぼっちで死んだ。


子供たちを守れなかった。
生まれ変わったら、強くなりたいと決意しました。


ご感想:ヘミシンクを独学しています。
やっと、イメージが少し出てくるようになりましたが、

リマさんの前世誘導でこんなにはっきり見えるなんて。

今日は参加して良かったです。きた


古代エジプトの魔女でした。前世練習会ご感想つづく
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

セルフ前世 個人レッスン→HP☆☆☆

 

セルフ前世練習会は毎月開いています。

8月14日(月)セルフ前世練習会

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.07.18 Tuesday 08:30 | comments(0) | - | 

ヒーラーとして生きた前世

春

【トマス・デューイング 春】


先日のセルフ前世個人レッスンの体験談です。


O様(女性)は、ヒプノセラピーを受けたことはありませんでしたが、
とてもリアルに感じられたようです。


断片的な印象をまとめてみました。
(ご本人様の承諾を得て掲載しています。)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ここはアジアの草原地帯のようです。
私は若い女性で、布を巻き付けたような服を着ています。


家族は、父と妹です。
私にとってはかけがえのない人たちです。


私は、薬草を作って家族を支えています。


患者さんが亡くなった。
原因は別にあったのに、
誤解されて捕らえられた。
家族と引き離された。


私は石の牢屋で衰弱死しました。
一人ぼっちでさびしく亡くなりました。


愛する家族とずっと一緒にいたかったのに、
家族のことが心配だったのに・・・


引き離されていても、絶対にずっと愛されていると感じていました。
願いは、家族と普通に暮らすことでした。


生まれ変わったら、誤解されないように目立つことは止めようと思いました。


最後に、リマさんの誘導でヒーリングして天に帰ってもらいました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


O様の終わってからのご感想です。


これって、私の妄想?
頭の中に、映像が出て来ました。


最近までの、私のテーマが家族だったんです。
この前世とリンクしています。


やりたいことがあるのに、できないのはこの前世の思いだったのですね。


教えていただいた練習方法で、もっとリアルにわかるようにしたいです。

ありがとうございました〜

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


リマ:家族という課題が終わり、次のテーマ、やりたいことを恐れずに挑戦するが浮かびあがってきた前世でしたね。


前世を見るのは、脳の筋トレのようなものです。
練習して脳を訓練すればするほど、いろいろなことがわかるようになってきます。
あきらめずに、練習していると、誰でも前世がわかるようになります。


大抵の方は、数回できないと「やっぱり私には、そんな能力ないんだわ〜」とあきらめてしまいます。
もったいないですね。
(*^-^*)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

セルフ前世 個人レッスン→HP☆☆☆

 

セルフ前世練習会は毎月開いています。

7月16日(日)セルフ前世練習会

          残席あり

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.07.15 Saturday 07:45 | comments(0) | - | 
 | 1 / 3 PAGES | >>