<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

悟りの最短距離は「他人への奉仕」

観音様

【画像はこちらからお借りしました。】

私の愛読書『魂のチャート』を眺めていたら、
こんな言葉が飛び込んできました。

 

霊的に成長するための最高の近道は、他人に奉仕すること、

自分の欲求よりも他人の欲求を優先すること

他人への奉仕こそが真の謙虚であり、悟りへの最短の道である。

 

私の仕事(スピリチュアルカウンセラー)も奉仕分野だと思っていましたが、そうとわかったらもっと積極的に奉仕をしたいです。

動機が不純ですが、奉仕を意識して動くのと、意識せずに動くのでは大違いですよね。

 

検索すると

ほう‐し【奉仕】 の意味
出典:デジタル大辞泉
    [名](スル)《古くは「ほうじ」とも》

    1 神仏・主君・師などに、つつしんでつかえること。「神に奉仕する」

    2 利害を離れて国家や社会などのために尽くすこと。「社会に奉仕する」

    3 商人が品物を安く売ること。「特価で御奉仕しております」「奉仕品」

 

英語では”サービス【service】”です。


奉仕 類語   日本語WordNet(類語)

他の人やある物事のために尽くすこと:献身 ・ 奉仕 ・ 従事 ・ 仕官 ・ 侍従 ・ 伺候 ・ 祗候 ・ 供奉 ・ 近侍 ・ 奉公

ウエイターや使用人による義務の行使:客会釈 ・ 客扱 ・ サービス ・ 勤仕 ・ お持て成し ・ 持て成し ・ 客あしらい ・ サーヴィス ・ 客扱い ・ 仕え ・ 奉公 ・ 客応答

別の人のための仕事:勤 ・ サービス ・ 勤仕 ・ 務め ・ 勤め ・ サーヴィス ・ 仕え ・ 勤務 ・ 役務 ・ 奉公 ・ 労務

プレーでボールを打つこと:寄与 ・ 扱い ・ サービス ・ サーブ ・ 労り ・ 儀典 ・ 使役 ・ 勤務 ・ 奉公 ・ 労務 ・ 待遇


たくさん似たような言葉があります。
奉仕(サービス)は奥が深いです。

 

私のハイヤーセルフからのメッセージを思い出しました。


「あなたは観音菩薩のような慈愛に満ちた存在にならないといけませんよ〜」

それで、観音像の写真を部屋の柱に貼っていましたが、いつしかはがれ落ちてしまいました。

すっかり忘れて、現実世界で遊ぶことばかりに夢中になっていました。
猛反省、猛反省です。

 

m(。≧Д≦。)mスミマセーン!!

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.02.26 Sunday 10:34 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |