<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マイケルの教えとリマワーク

天使

 真理や成長へと導く教えは数多くあります。
私たちの教えは
「愛の道」です。
「従順の道」は幼児期の魂に最もふさわしいものです。
苦難を通した学びは若年期の魂に、知的研究や分類による教えは成人期の魂に最も適しています。
そして、愛による学びの教えは、あらゆる年代の人に役立ち、特に老年期の魂にとっては唯一ふさわしい教えです。

          マイケルの箴言より

「魂のチャート」にこんな一節がありました。

乳児期の魂は「苦難」を通して学ぶ
幼児期の魂は「痛み」を通して学ぶ
若年期の魂は「喪失」を通して学ぶ
成人期の魂は「苦悩」を通して学ぶ
老年期の魂は「恐怖」を通して学ぶ


mei mei mei mei mei 

辛いことばかりでイヤになっちゃいますね。
人間の歴史を見ると、戦争や飢餓や苦難の歴史でした。
しかし、人類はこの苦しみの中から、愛を学び成長していったのです。

人間はそうとうキツイことがないと、学べないのかもしれません。
そりゃそうですね。
キツクてイヤでたまらないから、必死で考えたり行動するのです。

一連のサイクルが終わって、自分の全ての人生を俯瞰したら、な〜んだ、そうだったのか〜?宇宙は自分にこういうことを学ばせたかったのか、とわかるようになるのです。

今からでも、自分のことを広く大きな視点で見られるようになると、考え方が一転します。

自分のスピリチュアルガイドとはどういう存在なのか?
なぜ、自分は輪廻転生して、たくさんの人生を送ってきたのか?
自分のハイヤーセルフとは自分にとってどんな存在なのか?
これらの根本原理は何なのか?

特別な能力は必要ありません。
ただ、考え方を変えるだけです。

リマのスピリチュアルワークではそのポイントをお教えします。
こちらを見てくださいね。あなたも人生の苦しみから解放されましょう。

HP:HAPPYリマ幸せの魔法 メニュー→リマのスピリチュアルワーク

リマワークの記事いろいろ

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2015.04.28 Tuesday 07:43 | comments(0) | - | 

私は傲慢です。オーバーリーフ

傲慢エルフ
【傲慢な完全者(エルフ)ゲーム用カード】

「魂のチャート」のオーバーリーフの話です。
オーバーリーフとは、今回の人生でどのような人格で生きるか、何を学ぶかを決める要素です。

今までの記事は「魂のチャート」カテゴリーにあります。

7つのオーバーリーフの中で一番変えやすいのは「主特性」です。
その次が「態度」です。

この二つを変えるだけで人生は劇的に改善します。

特に「主特性」は目標を目指す道にある基本的な障害です。
目標を見失わせ、その達成を邪魔します。
しかし、「主特性」は自分の今生の「人格」から完全に消し去ることができます。

この部分を読んだとき、
これって数秘の条件付けと同じだ〜◎▽◎ と思いました。
用語や分類の仕方は違いますが、考え方がそっくりです。

数秘の条件付けとは、幼少期に植え付けられた信念(思い込み)のことです。
この条件付けも自分で解消することができます。

7つの「主特性」は次のようなものです。

自己破壊(+自己犠牲 −自殺的)
どん欲(+嗜欲 −強欲)
卑下(+謙遜 −自己蔑視)
傲慢(+誇り −虚栄)
殉教(+無私 −被害者意識)
せっかち(+大胆 −不寛容)
頑固(+決断 −頑迷)


マイナスだといろいろ問題が起きたり、苦しい人生になります。
気がついてプラスにしていくとどんどん楽しい人生に変わっていきます。

私は自信がないので、ずっと自分は卑下だと思っていましたが、
先日読み返したら、「あれ、私って傲慢 ◎▽◎?」と思う記述がありました。

その前に、ご自分の「主特性」が何か、見てみましょう。
本書の「主特性」の章に自己判断テストがついています。
あてはまるところをチェックしてみましょう。
いくつもあるかもしれません。
自分の考え方に気をつけていると、どれが真打ちの主特性かわかってきます。

以下、本書からの引用です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

魂のチャート
◇あなたの主特性を見つけましょう


どの主特性についても、当てはまると思う部分が少しはあるでしょう。
過去の人生で、あなたはそれらの主特性を経験したことがあるからです。

自分の特徴はわかりにくいですから、だれか他の人に問いてみるのも良いでしょう。
他人には、いつもあなたの主特性が見えているものです。


人生には何の価値もなく、自殺だけが唯一の解決策だと感じることがあります。
自分はどうなってもいいし、自分の体をどうしてもいい、と思うことがよくあります。どうせ、私のことなど誰も気にしません。
自分にとって有害だとわかっていることをわざとしてしまうことがあります。そして、やめられなくなります。


何かを取り逃してしまうのではないかと非常に心配になると、どうしてもそれが欲しくなることがあります。
しばしば、金銭や食べ物、酒、セックスなどの欲望が抑えられないヒきがあります。
私は満足したことがありません。


何をしても他人からは評価してもらえません。
どうすべきか、いかにあるべきか、といったことにとらわれて、その束縛から抜けられない気持ちになることがよくあります。
私は他人のせいで辛い人生を送っています。他の人が私にもっと親切にしてくれたら、幸せになれるのに。


私は侍つのが嫌いです。
グズグズしている人を見ると腹が立ちます。
するべきことをすべてするには時間が足りない気がします。


私は何一つまともにできないのではないかとよく不安になります。
私はいろいろな面で他人より劣っている気がします。
私は非常に厳しく、情け容赦ない自己批判をしてしまいがちです。


初対面の人から気取り屋だと思われることがよくあります。
私はとても恥ずかしがりなのて、自分から人目を避けます。しかし、そうするとのけ者になったような気分になるのです。
しばしば、黙って私の言うことに耳を傾けてくれたら、いろんなことを教えてあげられるのに、と思います。


私かいったんこうと決めたら、誰にも変えられません。
たまに問違いに気づきながら、それを認められないことがあります。
私は誰の指図も受けません。目分のことは自分で決めます。


1:自己破壊 2:貪欲 3:殉教 4:せっかち
5:卑下 6:傲慢 7:頑固

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり

長くなったので、続きます。(^ - ^)

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2015.04.17 Friday 20:50 | comments(0) | - | 

「魂のチャート読書会」ご感想

天使

 4月7日、初めての「魂のチャート」読書会を開きました。

参加者はお一人様でしたので、お話ししながらその方のオーバーリーフ表を作っていきました。
まるで個人セッションみたいでした。(^ - ^)

 オーバーリーフとはこの人生での、役割や態度、行動パターン、障害になる考え方などです。
自分が生まれる前に決めてきます。
7種類あって、それぞれにまた7種類、そこに陰極(マイナス)と陽極(プラス)があるので、初めのうちは迷ってしまいます。
また、自分の魂の成長段階もわかります。

わからないうちは、だいたいの検討をつけて、2,3カ所ずつ印をしておきます。
7つのオーバーリーフに印をつけ終わってから、全体の見直し作業にはいるといいです。

分かると、本当にすっきりした気持ちになります。(^▽^)
とても楽しかったので、次回も開催したいと思います。

本がなくても大丈夫ですが、読んでおかれると理解が早いです。
新品は品切れ状態なので、中古で入手してください。
(そのうち、中古価格が高騰するかも)

次回は5月12日(火)午後船堀です。
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=1643

今度は土日にも開こうと思います。
ご希望の方は HP→お問い合わせ からお願いしますね。

以下、ご感想です。はーと

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

M様(女性)

先日はとても楽しかったです。
ありがとうございました。

自分が老年期の魂で、
どんなオーバーリーフを
選択しているかが分かって
スッキリしました!

また、老年期になると悟りにも興味が
出てくるものなんですね
早速キャンドルライトのことも調べてみます!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

リマ:M様、ありがとうございます。
私も、オーバーリーフの見つけ方のコツがよくわかりました。
自分のことを深く知っていくのは楽しいことですね。
これからもよろしくお願いします。(*^-^*)


☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2015.04.10 Friday 07:46 | comments(0) | - | 

もうすぐ「魂のチャート」読書会です。

ボケ
【桜の下のボケの花がかわいかったです。】

 しばらくプライベートで忙しくて、更新が遅れてしまいました。
いつのまにか関東ではお花見も最盛期です。

7日(火)は「魂のチャート」読書会です。
興味のある方なら、本がなくても大丈夫ですよ〜

最初の部分なので、かいつまんでお話しようと思います。
この本は難しそうですが、読むほどに内容の深さが分かってきておもしろくなります。

また、悟りともリンクしているので、悟りを学ぶ時の助けになります。

私は101キャンドルライトというところで、悟りの勉強をしていますが、悟りって自分のことを知ることなんですね。
自分のことを知れば知るほど、気持ちが軽くなって、人生が楽しくなります。

自分がこういう人生を計画してきたこと、まわりに起きていることは全て自分が創っていること、トラブルが起きたら自分へのメッセージであるということなどが、しっくりしてきます。

自分の心の中の思い込みを変えることで、いつの間にか問題が解決していることが本当に多くなりました。

この世界の仕組みは実におもしろいです。
学校でも、子供たちに教えたらいいのに〜と思います。
そうしたら、みんな天才児になりますよね。ヽ(´∀`)ノ

できたら、6日22時くらいまでにお申し込みくださいね。

4月7日(火)「魂のチャート」読書会のお知らせ
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=1643

お申し込みはHPのお問い合わせから

お待ちしています。 (^ - ^)
☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。
2015.04.05 Sunday 08:44 | comments(2) | - | 

過去生の記憶はどこにあるのか?ー主センターと高次センター

高次マスター
【高次のマスターとつながるには高次センターを意識することが必要】

 101キャンドルライトで毎月開いていた「魂のチャート」読書会も来月で終わります。
半年以上、良く続いたな〜と感無量です。
毎月参加してくださる熱心な会員さんたちもありがとう。

この本の終わりの方に、「センター」ということが書いてありました。
「センター」はチャクラにほぼ対応しています。

人によって主に使うセンターが異なります。

運動センターは第3チャクラ(太陽神経そう)に対応していて、運動能力が優れている。
→運動選手、警察官など

感情センターは第4チャクラ(心臓)に対応していて、感情的、共感能力が優れている。
→芸術、ファッション、音楽、演劇など

知性センターは第5チャクラ(ノド)に対応していて、知性が発達している。
→哲学、報道、法律、研究、文学など

また、第1チャクラ(背骨の基底部)はスピリチュアルでは重視されていませんが、
第1チャクラは生存本能と関係がある。
第1チャクラは高次への入り口になる。

この部分に過去生の記憶が保存されていて、知らず知らずのうちに行動に影響を及ぼします。
過去生の記憶は、体のさまざまな部分の細胞に保存することができます。

リマ:おお、過去生の記憶は第1チャクラと関係があるんだ〜
高次とつながるには、第1チャクラが重要なのですね。


どのチャクラも開けばいいと思っていましたが、バランス良く開くこと以外にも、もっと大事なことがありそうです。

例:感情センターのベートーヴェンは音楽家になり、毛沢東は運動センターを使って社会を動かしました。知性センターのソクラテスは哲学者として活躍しました。

全てのオーバーリーフも互いに関連しあっています。
ちゃんとつながりを理解して、プラスにすることが大事です。

さらに、3つの高次センターを意識的に使えるようになると、サイキック能力が発達します。

スピリチュアルを理解するために欠かせない本です。
今度のお茶会はこの本を題材にしますので、興味のある方はおいでください。

4月7日(火)「魂のチャート」読書&お茶会のお知らせ
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=1643

今までの「魂のチャート」の記事はこちら
http://rimaroom.jugem.jp/?cid=106

楽しく魂のお勉強をしましょう。
ヽ(^ - ^)ノ


☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2015.03.27 Friday 08:27 | comments(0) | - | 
 | 1 / 3 PAGES | >>